先頭に戻る

バッテリ短絡保護を備えたDirectDriveビデオアンプ

車載用、優れたビデオ品質と信頼性を提供

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

主な特長

  • ビデオ出力のバッテリ短絡保護(最大18V)
  • DirectDriveによってビデオ出力のブラックレベルをグランド付近に設定
  • DirectDriveによって出力のDCブロッキングコンデンサが不要
  • 3.3V単一電源動作
  • 9.5MHzの通過帯域および27MHzで42dBの減衰量を備えた再生フィルタ
  • DC結合入力/出力
  • トランスペアレントな入力シンクチップクランプ
  • 4V/V内部固定利得

アプリケーション/用途

  • 車載インフォテイメントシステム

説明

DirectDrive®ビデオフィルタアンプのMAX9532は、特に自動車などの過酷な環境において動作するように設計さています。MAX9532は、デバイスの出力が最大18Vまでの短絡に耐えられるバッテリ短絡保護を内蔵しています。

マキシムのDirectDrive技術によって、大容量の出力結合コンデンサが不要となり、出力ビデオのブラックレベルをグランド付近に設定します。DirectDriveでは、アンプがグランドレベル以下に同期信号を引き下げることができるように、内蔵のチャージポンプと内蔵のリニアレギュレータはクリーンな負電源を生成する必要があります。チャージポンプは、ビデオ出力にノイズをほとんど注入しないため、画像は視覚的に完全なものとなります。

MAX9532は、ビデオデジタル-アナログ変換器(DAC)からのビデオ信号の階段波を平滑しスパイクを減少させる再生フィルタを内蔵しています。再生フィルタは、標準で9.5MHzの通過帯域で±1dBの平坦性および27MHzで42dBの減衰量を提供します。

MAX9532の入力は、ビデオDACの出力に直接接続することができます。また、MAX9532は、DCバイアスの異なる入力信号をAC結合する、トランスペアレントな入力シンクチップクランプを備えています。

MAX9532は、4V/Vの内部固定利得を特長としています。フルスケールの入力ビデオ信号は、0.5VP-P (公称)で、フルスケールの出力ビデオ信号は、2VP-P (公称)です。

バッテリ短絡保護は、アンプ出力に直列に接続された内蔵のスイッチを使用します。出力がバッテリ電圧に短絡したことをMAX9532が検出した場合、内蔵スイッチはディセーブルされ、最大で18Vの電圧からMAX9532を保護します。

MAX9532は、3mm x 3mm、10ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9532:簡易ブロックダイアグラム MAX9532:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。