MAX9486

35.328MHzのマルチ出力付き、8kHzリファレンスクロックシンセサイザ

低ジッタクロック出力を必要とするxDSL COラインカードおよびテレコムシステム用に最適化されたクロック発生器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX9486は8kHzリファレンスクロック入力付きの低コスト、高性能クロックシンセサイザで、6つのバッファ付きLVTTL 35.328MHzクロック出力を備えています。このクロックシンセサイザを使って、T1、E1、T3、E3、およびxDSL用のクロックを生成することができます。

MAX9486は2つの位相ロックループ(PLL)を備えています。第1 PLLは、電圧制御水晶発振器(VCXO)を使用しています。第2 PLLは周波数マルチプライヤです。2つのPLLを使って、MAX9486は35.328MHzの出力周波数を生成します。また、この製品は、リファレンスクロックリレーに適切な信号源を供給する、ジッタが抑制された8kHz出力も生成します。

MAX9486は24ピンTSSOPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張動作温度範囲と+3V~+3.6Vの単一電源範囲で動作します。
MAX9486:標準アプリケーション回路 MAX9486:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 8kHzの入力リファレンスCLK
  • リファレンスCLKの高ジッタを除去
  • シンセサイザは、±200ppm範囲で8kHzリファレンスにロック
  • 出力周波数:35.328MHz
  • 6つのバッファ付きLVTTL低ジッタ出力
  • 1つの8kHzのリファレンスCLKリレー出力
  • +3.3Vの電源動作
  • 24ピンTSSOPパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • T1、E1、T3、E3、およびISDNプロトコルを用いたテレコム機器
    • テレコムプロトコルへのインタフェース付き電話局用xDSL機器
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード4430MAX9486EVKIT MAX9486の評価キット