MAX5406

プッシュボタンインタフェース付きオーディオプロセッサ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

ステレオオーディオプロセッサのMAX5406は、音量、バランス、バス、およびトレブル制御で完全なオーディオソリューションを提供します。この製品は、音量制御用の32タップ対数ポテンショメータ、バランス制御用のデュアルポテンショメータ、およびトーン制御用のリニアディジタルポテンショメータを備えています。シンプルなデバウンスプッシュボタンインタフェースで全機能が制御されます。MAX5406はボタンプッシュごとにワイパ設定を一つ進めます。マキシム独自のSmartWiper™制御によってマイクロコントローラ(µC)が不要となりワイパ遷移レートを上げます。1秒以上制御入力をローに維持すると4秒間、4Hzレートその後は16Hzでワイパを1つ進めます。クリック/ポップノイズ抑制機能を備えているためワイパ動作によって生じる可聴ノイズがなくなります。

MAX5406は、内部で左右チャネルを組み合わせたサブウーファ出力を提供します。外付けフィルタコンデンサによってサブウーファ出力用のカットオフ周波数のカスタマイズが可能です。バスブーストモードによって左右チャネルの低周波数応答が向上します。内蔵のバイアスアンプが必要な(VDD + VSS) / 2バイアス電圧を生成するためユニポーラ動作用の外付けオペアンプが不要です。

MAX5406はアンビエンス制御を特長としており、ヘッドフォンおよびデスクトップスピーカシステム用の左右チャネル出力の分離を高め、およびステレオサウンドをモノラル信号に近似させる擬似ステレオ機能も備えています。

MAX5406は7mm x 7mmの48ピンTQFNパッケージおよび48ピンTSSOPパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。
MAX5406:標準動作回路 MAX5406:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • オーディオプロセッサは、音量、バランス、ミュート、バス、トレブル、アンビエンス、擬似ステレオ、およびサブウーファ用のすべてのオペアンプとポテンショメータを備える
  • 32タップ音量制御(2dBステップ)
  • 小型、7mm x 7mm、48ピンTQFNおよび48ピンTSSOPパッケージ
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.5V、またはデュアル電源動作:±2.7V
  • クリックレス切替および制御
  • ミュート機能:< -90dB (typ)
  • チャネルアイソレーション:> -70dB (typ)
  • シングルエンドまたは差動ステレオ入力信号を2セット備える(加算/ミキシングに使用可)
  • デバウンスプッシュボタンインタフェースは、瞬間接触スイッチやマイクロプロセッサ(µP)と連携
  • 低いシャットダウン消費電流:0.2µA (typ)
  • シャットダウンによって全制御設定を保存
  • THD:0.02% (typ) (10kΩ負荷)、出力ノイズ:25µVRMS (typ)
  • シングルエンドアプリケーション用に内部生成される1/2フルスケールバイアス電圧
  • -20dBまでのパワーオン音量設定
  • 高周波がスピーカに到達するのを阻止する、アナログ入力用受動RFフィルタ内蔵
  • アプリケーション/用途

    • デスクトップスピーカ
    • フラットスクリーンTV
    • カラオケ機器
    • PDAまたはMP3プレーヤードッキングステーション
    • ポータブルオーディオ
    製品の信頼性レポート: MAX5406.pdf 
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース