先頭に戻る

14ビット、260Msps、優れたダイナミック特性DAC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 出力更新速度:260Msps
  • 優れたSFDR特性
    • ナイキスト周波数まで(-12dBFS)
    • 出力 = 77dBc (19.4MHz時)
    • 出力 = 76dBc (51.6MHz時)
  • 業界先進の4トーンIMD性能(-15dBFS)
    • 出力 = 86dBc (18MHz時)
    • 出力 = 84dBc (31MHz時)
  • 低ノイズ性能:SNR = 160dB/Hz (fOUT = 19.4MHz時)
  • 1.2Vバンドギャップリファレンス内蔵
  • フルスケール電流:20mA
  • 5V単一電源
  • 差動LVPECL対応のディジタル入力
  • 48ピンQFN-EPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 基地局:シングル/マルチキャリアUMTS、GSM
  • ブロードバンドケーブルシステム
  • デジタル信号合成
  • ダイレクトIF合成
  • 計測
  • LMDS、MMDS、ポイント間マイクロ波

説明

MAX5195は、無線基地局や他の通信システムに見られる信号合成アプリケーションの厳しい要求性能を満たす先進の14ビット、260Msps D/Aコンバータ(DAC)です。5Vの単一電源で動作するこのDACは、fOUT = 19.4MHzでのスプリアスフリーダイナミックレンジ(SFDR)が77dBcという並外れたダイナミック特性を備えており、260Msps以上の更新速度をサポートします。

MAX5195の電流源アレイ構成は、10mA~20mAのフルスケール電流範囲をサポートし、これによって、0.5VP-P~1VP-Pの差動出力電圧振幅が可能です。

MAX5195は、1.2Vのバンドギャップリファレンスと制御アンプを内蔵しており、高精度と低ノイズ特性を実現します。さらに、独立のリファレンス入力ピンで最適な外部リファレンスソースを自由に印加することができます。

MAX5195のディジタルおよびクロック入力は、差動LVPECL対応の電圧レベルに設計されています。

MAX5195は、裏面放熱パッド付48ピンQFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX5195、MAX5195EGM:ピン配置 MAX5195、MAX5195EGM:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。