先頭に戻る

32 x 16ノンブロッキングビデオクロスポイントスイッチ、I/Oバッファ付

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 32 x 16 Nonblocking Matrix with Buffered Inputs and Outputs
  • Operates from a ±3V, ±5V, or +5V Supply
  • Each Output Individually Addressable
  • Individually Programmable Output Buffer Gain (AV = +1V/V or +2V/V)
  • High-Impedance Output Disable for Wired-OR Connections
  • 0.1dB Gain Flatness to 12MHz
  • Minimum -62dB Crosstalk, -110dB Isolation at 6MHz
  • 0.05%/0.1° Differential Gain/Differential Phase Error
  • Low 220mW Power Consumption (0.43mW per Point)

アプリケーション/用途

  • セキュリティシステム
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム
  • ビデオオンデマンドシステム

説明

The MAX4357 is a 32 x 16 highly integrated video crosspoint switch matrix with input and output buffers. This device operates from dual ±3V to ±5V supplies or from a single +5V supply. Digital logic is supplied from an independent single +2.7V to +5.5V supply. All inputs and outputs are buffered, with all outputs able to drive standard 75Ω reverse-terminated video loads.

The switch matrix configuration and output buffer gain are programmed through an SPI™/QSPI™-compatible, three-wire serial interface and initialized with a single update signal. The unique serial interface operates in two modes facilitating both fast updates and initialization. On power-up, all outputs are initialized in the disabled state to avoid output conflicts in large-array configurations.

Superior flexibility, high integration, and space-saving packaging make this nonblocking switch matrix ideal for routing video signals in security and video-on-demand systems.

The MAX4357 is available in a 128-pin TQFP package and specified over an extended -40°C to +85°C temperature range.

簡易ブロック図

MAX4357:標準動作回路 MAX4357:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。