MAX4278

330MHz、利得+1/利得+2、閉ループバッファ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4178/MAX4278は、±5V、広帯域幅、高速セトリング時間の閉ループバッファで、高スルーレート、高精度、高出力電流、低ノイズおよび低微分利得/位相エラーといった特長を備えています。MAX4178は-3dB帯域幅が330MHzで、ユニティ電圧利得(0dB)用に予め設定されています。MAX4278は電圧利得+2 (6dB)用に予め設定されており、-3dB帯域幅は310MHzです。

MAX4178/MAX4278は電流モードフィードバックアンプ特有の高スルーレートと低電力特性を備えています。しかし、従来の電流モードフィードバックアンプとは異なり、これらの素子は、電流フィードバックトポロジーの利点と従来の電圧フィードバックトポロジーの利点を兼ね備えたユニークな入力段を備えています。この組み合わせの結果、低入力オフセット電圧、低入力バイアス電流、低ノイズ、高利得精度および高電源除去比が実現されています。

MAX4178/MAX4278は50Ωおよび75Ω負荷を駆動するのに適しており、ビデオ分配等の高速ケーブル駆動アプリケーションに最適です。MAX4178/MAX4278はDIP、SO、省スペースµMAX®およびSOT23パッケージで供給されています。
MAX4178、MAX4278:標準動作回路 MAX4178、MAX4278:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 高速性
    • -3dB帯域幅:330MHz (MAX4178)
    • -3dB帯域幅:310MHz (MAX4278)
    • フルパワー帯域幅(VOUT = 2VP-P):250MHz
    • 0.1dB平坦性帯域幅:150MHz
    • スルーレート:1300V/µs (MAX4178)
    • スルーレート:1600V/µs (MAX4278)
  • 低微分位相/利得エラー:0.01°/0.04%
  • 消費電流:8mA
  • 入力バイアス電流:1µA
  • 入力オフセット電圧:0.5mV
  • 入力換算電圧ノイズ:5nV/√Hz
  • 入力換算電流ノイズ:2pA/√Hz
  • 最大利得エラー:1.0% (100Ω負荷)
  • 短絡保護
  • ESD保護:8000V
  • 省スペースSOT23パッケージ

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドおよび高精細TVシステム
  • 通信システム
  • 高速ケーブルドライバ
  • 医療用画像処理
  • 高精度高速DAC/ADCバッファ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム
信頼性レポートをリクエスト: MAX4278 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース