MAX3905

150Mbps車載用VCSELドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

150Mbps、車載用VCSELドライバのMAX3905は、接合部温度が最高+140℃までの範囲で、8Mbps~150Mbpsで動作する低コストの送信器を実現します。この製品は、シングルエンドTTL、差動PECLまたはLVDS入力データを受け入れて、VCSEL駆動用のバイアスおよび変調電流を供給します。出力は、VCSELにDC結合され部品点数が最小限に抑えられます。

このドライバは、VCSELのハイおよびロー電流に対して温度補償を行います。バイアス変調電流、バイアス電流温度係数、および温度に対して安定なバイアス電流領域の中心の調整は、すべてワイヤボンドオプションによって設定することができます。出力削減機能を使うと、変調出力が約50%減少します。データスケルチ機能は、データが存在しないときVCSEL電流をディセーブルします。

MAX3905は、ダイ形態で提供され、-40℃~+140℃の接合部温度において+3.0V~+5.25Vの電源電圧範囲で動作します。

主な特長

  • 動作接合部温度範囲:-40℃~+140℃
  • 電源電圧:+3.0V~+5.25V
  • TTL/CMOS、LVDS、またはPECL対応のデータ入力
  • SP1車載用ネットワークインタフェース対応
  • ワイヤボンドによって調整可能なVCSELのローおよびハイ電流
  • 光パワー低減機能
  • 出力スケルチ

アプリケーション/用途

  • 車載ネットワーク用光トランスミッタ
  • ポリマ-クラッドシリカファイバをベースとしたネットワーク

技術資料

アプリケーションノート 3726 MAX3905: MAX3905とULM Photonics製VCSELを使用したMOST車載トランスミッタ
アプリケーションノート 3238 MAX3905: Output Current Calculator for the MAX3905

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3905 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 3726 MAX3905: MAX3905とULM Photonics製VCSELを使用したMOST車載トランスミッタ
アプリケーションノート 3238 MAX3905: Output Current Calculator for the MAX3905
種類 ID タイトル
評価ボード4336MAX3905EVKIT MAX3905の評価キット