MAX3781

2.75Gbps、デュアルマルチプレクサ/バッファ

最大2.7Gbpsのシリアルデータ用冗長性を提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3781は、2.75Gbpsデュアルマルチプレクサ(mux)およびバッファです。MAX3781の各半分は、ファンアウトが2のトランスミッタ、および2:1マルチプレクサを備えた内蔵のレシーバを内蔵しています。

+3.3Vの単一電源で動作するこのデバイスは、CML入力、またはAC結合PECL入力を受け付け、CML出力を提供します。出力は、必要に応じて、PECLとの互換性のため、AC結合することができます。MAX3781は、エクスポーズドパッド付き、7mm x 7mmの小型48ピンTQFPパッケージで提供され、消費電力は1.2W (typ)です。省電力モードの場合、未使用のバッファ出力はディセーブルにされ、電力は0.9W (typ)まで低減されます。
MAX3781:標準アプリケーション回路 MAX3781:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 確定的ジッタ:11ps
  • すべてのポートに50Ω伝送ライン対応の終端抵抗を内蔵
  • 消費電力:1.2W
    (省電力モード時0.9W)
  • 電源:+3.3V
  • 2ポート内蔵

アプリケーション/用途

  • 2.75Gbpsシリアル通信
  • シリアルバックプレーン冗長
  • システム相互接続冗長

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3781.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード2336MAX3781EVKIT MAX3781の評価キット