MAX3672

低ジッタ、155MHz/622MHzクロックジェネレータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3672は、OC-48とOC-192 SONET/SDHシステム、およびWDM伝送システムのシステムクロック分配用および周波数同期用に設計された、低ジッタ155MHz/622MHzリファレンスクロック発生器ICです。MAX3672は、位相/周波数検出器、オペアンプ、プリスケーラ分周器、入出力バッファを内蔵しています。MAX3672は、外部VCOを使用して、30Hz~10kHzでプログラマブルな帯域幅で位相ロックループを容易に構成することができます。

MAX3762は、+3.3Vまたは+5.0V単一電源で動作し、3.3Vで150mW (typ)を消費します。動作温度範囲は、-40℃~+85℃です。
MAX3672:標準アプリケーション回路 MAX3672:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • +3.3Vまたは+5.0V単一電源
  • 電力消費:150mW (+3.3V電源にて)
  • 外部VCO中心周波数(fVCO):155MHz~700MHz
  • リファレンスクロック周波数:fVCO、fVCO/2、fVCO/4、 fVCO/8、fVCO/32
  • 主クロック出力周波数:fVCO
  • オプション出力クロック周波数:fVCO、fVCO/2、 fVCO/4、fVCO/8
  • 低固有ジッタ:0.4psRMS以下
  • ロック外れインジケータ
  • PECLクロック出力インタフェース

アプリケーション/用途

  • クロックジッタクリーンアップおよび周波数同期
  • 周波数変換
  • OC-12~OC-192 SONET/WDM伝送システム
  • システムクロック分配

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3672 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース