MAX3537

ブロードバンド可変利得アンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

ブロードバンドRF可変利得アンプ(VGA)のMAX3537/MAX3538は、ディジタルおよびOpenCable™のセットトップボックスおよびテレビ用に設計されています。これらのデバイスは、デュアルバンド(UHFおよびVHF)入力と低ノイズの可変利得アンプを統合する独特の設計となっています。内蔵のRF VGAは、10MHz~1GHzの入力周波数範囲をカバーし、22dBの利得制御範囲を提供します。

MAX3538は、高い性能が不可欠となる最も厳しい信号条件での使用を想定しています。外付けのプルアップインダクタによって、IIP2およびIIP3が向上するとともに、利得が増加して感度も向上します。MAX3537は外付けのプルアップインダクタは不要であり、室内アンテナを使用する小型TVなど、レシーバの歪み要件がそれほど厳しくない低電力アプリケーションに最適です。

MAX3537/MAX3538は0℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されており、エクスポーズドパッド(EP)付き、4mm x 4mmの12ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な特長

  • 低ノイズVGAのためPIN減衰器は不要
  • 利得制御範囲:22dB
  • 低ノイズ指数:5dB (最大利得設定時)
  • 高直線性:+19dBm IIP3 (MAX3538) (最大利得設定時)
  • 低電力消費:200mW以下(MAX3537)
  • 4mm x 4mmの12ピンTQFNパッケージで提供

アプリケーション/用途

  • デジタルセットトップボックス
  • デジタル地上波レシーバ
  • メディアゲートウェイ
  • OpenCableセットトップボックスおよびテレビ
  • TV IFストリップ

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3537 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース