MAX2135

ISDB-T/DVB-Tダイバーシティチューナ

業界唯一、消費電力わずか300mWの車載TV用ダイバーシティチューナ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

低電力、6MHz ISDB-Tおよび6MHz/7MHz/8MHz DVB-T低IFダイバーシティチューナのMAX2135は、広帯域I/Qダウンコンバータを使用してISDB-TおよびDVB-T放送信号を低IFに直接変換します。動作周波数範囲は、VHFおよびUHFのTV放送帯域の90MHz~862MHzをカバーしています。

MAX2135には、LNA、RF可変利得アンプ(VGA)、VHFおよびUHFのトラッキングフィルタ、I/Qダウンコンバーティングミキサ、ベースバンドVGA、および低IFフィルタが集積化されています。また、このデバイスには完全なVCOとタンク回路に加えて、オンチップの水晶発振器と出力バッファ/分周器を含む完全な周波数シンセサイザも内蔵されています。

このデバイスは、複数の読取り/書込みアドレスを持つ2線式(I²C)シリアル制御インタフェースを搭載しています。低電力スタンバイモードが利用可能であり、シリアル制御インタフェースとレジスタ回路を動作させたままで信号経路をシャットダウンすることができます。さらに、外部端子によってデバイス全体をシャットダウンすることができます。

MAX2135は、エクスポーズドパッドを備えた56ピンTQFNパッケージ(7mm × 7mm)で提供されます。電気的性能は、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

主な特長

  • 複数の周波数範囲
    • VHF-L:90MHz~108MHz
    • VHF-H:170MHz~230MHz
    • UHF:470MHz~862MHz
  • 完全なダイバーシティソリューション
  • 低UHF雑音指数:3.8dB (typ)
  • 広いダイナミックレンジ:-99dBm~+10dBm
  • VHF/UHFトラッキングフィルタ内蔵
  • VCOおよびタンク回路内蔵
  • 低位相ノイズ:10kHzで-88dBc/Hz (typ)
  • チャネルフィルタ内蔵(6MHz、7MHz、および8MHz)
  • 単一電源電圧範囲:+2.7V~+3.3V
  • 低電力:360mW (typ)
  • シャットダウンおよびスタンバイモード
  • I²Cシリアルインタフェース

アプリケーション/用途

  • 車載TVダイバーシティシステム
  • ラップトップ/デスクトップTVレシーバ
  • ポータブルLCD TV
  • ポータブルナビゲーションデバイス

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2135 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース