MAX101A

500Msps、トラック/ホールド内蔵8ビットADC

8ビットADC、250Mspsで7.0有効ビット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

ECL対応、500Msps、8ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)のMAX101Aは、DC~250MHz (ナイキスト周波数)のアナログ信号の高精度ディジタル化が可能です。デュアルモノリシックコンバータは、トラック/ホールド(T/H)によって駆動され、逆相クロックエッジ(時間インタリーブ)で動作します。マキシム独自の高度なバイポーラプロセスによって設計されたMAX101Aは、84ピンセラミックフラットパックに、1つの高性能T/Hアンプと2つの量子化器を内蔵しています。

内部T/Hの革新的な設計によって、非常に広範な1.2GHz入力帯域幅と2ps未満のアパーチャディレイ不確実性を保証し、ナイキスト周波数において高い7.0有効ビット数となります。特別なコンパレータ出力設計とデコード回路構成は、アウトオブシーケンスコードエラーを低減します。メタステーブル状態によるエラーコードの確率は、1015クロックサイクル当り1エラー未満に削減されます。さらに、誤ったフルスケールまたはゼロスケール出力を引き起こすエラーの可能性がある他のADCと異なり、MAX101Aは1 LSB未満のエラーの大きさを維持します。

アナログ入力は、±250mVの範囲で差動またはシングルエンド用に設計されています。リファレンス入力用の検出端子によって、入力範囲のフルスケール較正が可能となり、レシオメトリックの使用が容易になります。

コンバータ性能を最適化するために、位相調整を使って、各コンバータの相対的サンプリング時点を調整することができます。また、より高い実効サンプリングレートを得るために、クロック位相入力調整を使って、複数のMAX101Aをインタリーブすることもできます。

主な特長

  • 変換レート:500Msps
  • 有効ビット数:7.0 (typ) (250MHzの場合)
  • アナログ入力帯域幅:1.2GHz
  • INL:±1/2 LSB未満
  • 50Ω差動またはシングルエンド入力
  • 入力信号範囲:±250mV
  • レシオメトリックリファレンス入力
  • デュアルラッチ出力データ経路
  • 低エラーレート:10-15以下のメタステーブル状態
  • 84ピンセラミックフラットパック

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • 高エネルギー物理学
  • 高速デジタル計測
  • 高速信号処理
  • 医療用システム
  • レーダ/信号処理

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX101A 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース