IoTプラットフォーム

教育用の開発を促進

マキシムIoTプラットフォームは、遠隔学習の学生からメーカーまで、誰でもコネクテッドデバイスの迅速な作成に関心のある人がそれを行うために役立ちます。このモジュール形式プラットフォームは、中央マイクロコントローラボード(MAX32630FTHR)と、4つの付属ペリフェラルボード、またはセンサーウィングで構成されます。ペリフェラルボードは体温および心拍数監視用のセンサーを内蔵しているため、ユーザーはこのプラットフォームを使用してヘルス監視アプリケーションなどのコネクテッドデザインのプロトタイプを作成することができます。提供されるデモソフトウェアはMAX32630FTHRのBluetooth Low Energy無線を使用してシステムをAndroidまたはiOS機器に接続し、そこからArm® Mbed Device ConnectorまたはAdafruit IOにデータをプッシュして表示と分析を行います。このプラットフォームには、Arm Mbed IoT Device Platformを介して無料のオンライン開発ツールとオープンソースライブラリが提供されるため、より迅速なプロトタイプ作成が可能です。マキシムはカリフォルニア工科大学サンルイスオビスポ校と共同で、このIoTプラットフォームをベースとする専門課程IoTコースを開発しました。マキシムと共同で大学のプログラム用に独自のコースを作成したい場合は、お問い合わせください。

注目のボード

MAX32630FTHR ウェアラブルアプリケーション用中央マイクロコントローラ 購入
MAX11301WING PIXI 20ポート設定可能アナログIO 購入
MAX30003WING 医療グレードECGアナログフロントエンド 購入
MAX30205EVSYS 医療グレード体温センサー 購入
MAX32625PICO* プログラマ 購入

*MAX32625PICOはMAX32630FTHRを注文すると含まれています。

IoT Platform拡大する+