産業用半導体エンドマーケット

マキシムは常により深い産業コンバージェンスを追求し続けており、インテリジェントな意思決定を工場フロアの端にまで行き届くように、製品ポートフォリオへの技術の追加に努めています。マキシムの製品はリアルタイムで情報を提供し、人工知能(AI)アルゴリズムによるこれらの決定への対応を可能にします。マキシムは、センサー、アナログ/デジタル入出力、およびアクチュエータで構成される、全タイプの産業オートメーションシステム用の主要ビルディングブロックを提供することに重点を置いています。

産業オートメーションシステムは、センサーを使用して現実の量(たとえば、温度、圧力など)を検出し、それらを堅牢な電気信号に変換します。アナログまたはデジタル入力はこれらの信号を調整し、より低電圧の産業コントローラへの入力に適したものにします。コントローラはシステムに対する調整が必要かどうかを判断し、必要な場合は信号をアナログまたはデジタル出力に送信して、出力はそれを通常アクチュエータの駆動に必要なより高い電圧レベルに変換します。

マキシムの産業用半導体製品は、ビルディング、工場、精製所における制御インフラストラクチャの構築、および最新のエネルギー網と交通網の効率向上に使用されます。マキシムは、30年以上にわたって産業アプリケーション向けに堅牢な、拡張温度グレードのICを設計してきました。

現在マキシムは、センサー、アナログ/デジタル入出力、モーション制御、アナログ処理、インタフェース、および通信製品を提供しています。マキシムの製品は電流および電圧保護を内蔵し、省スペースおよび省電力で、広範囲の産業アプリケーションにわたって優れた性能を提供します。

市場セグメントのブロックをクリックして、アプリケーション、主な製品、およびお客様の設計に適したソリューションをご覧ください。あるいはKeyPAD (主要製品アプリケーションダイアグラム)製品セレクタツールのインタラクティブなブロック図を使って産業アプリケーションの推奨製品をお探しください。