ヘルスケアIoT


現在、さまざまなヘルスケアテクノロジーの研究開発が進められているため、将来、患者遠隔モニタリングおよび診断によって、通院が一部不要になると考えられます。パッチと同じくらい小型のウェアラブル機器を使用して、バイタルサインの測定、さらには治療まで行われるかもしれません。これを可能にするのが、各種のセンサー、低電力マイクロプロセッサ、そして収集、伝送される機密データすべてを保護するエンベデッドセキュリティテクノロジーです。



アプリケーション


センシング

センシングソリューションは、心拍数、血中酸素濃度、血圧など、さまざまな健康パラメータを監視することで生活の質を向上させています。人体センサーは、mVからµVの範囲の大きさの信号を出力します。マキシムのウェアラブルヘルスアプリケーション向け集積デバイスでは、センサーと増幅および変換回路が1つのチップやパッケージ内に組み合わされています。これらの小型の高精度ソリューションは、より高レベルのアナログ信号やシリアル化したデジタル信号を出力します。

MAX30101 高感度パルスオキシメーターおよび心拍数センサー
MAX30205 体温センサー

プロセッシング

電力使用量と処理能力は、マイクロプロセッシングアプリケーションにとって重要な選択基準です。各種システム機能のうち、マイクロコントローラに内蔵するのが最適なものと、外部で処理可能なものを特定するには、システム分割手法を利用するのが最も有効です。ウェアラブルヘルス機器は人体信号を読み取るため、すべてのチップ内蔵アナログ回路の機能についても考慮し、低レベルの信号を高精度で処理することができるようにする必要があります。

MAX30003 超低電力、シングルチャネル集積型生体電位および生体インピーダンス

パワー

医療用パッチやその他のウェアラブル機器などヘルスモニタリング装置は小型であるため、低消費電力と長いバッテリ寿命が不可欠です。そうした機器の電源システムは、出力電圧が次第に低下していく電圧ソースとしてのバッテリからの電圧を安定化することができる必要があります。レギュレータは充電エネルギーの使用率を最大化するための十分な効率を備え、また設計上要求されるすべての電源レールを供給する必要があります。充電式リチウムイオンバッテリの使用可能な電圧範囲は、4.2Vから約3.2Vまでです。ほとんどのウェアラブル製品は、1セルのリチウムイオンバッテリの最小充電電圧以下の主電源レールを使用するため、主レールは通常、ステップダウンレギュレータによって供給されます。ウェアラブル製品内の一部の機能は、1セルのバッテリによって供給されるものより高い電圧レベルを必要とする場合があります。そのため、パワーマネージメント機能は少なくとも1つのステップアップレギュレータを含む必要があります。必要なレールの数は機器によって異なりますが、最善の効率を達成するにはレールの総数を最小限に抑えるのがベストです。

ウェアラブルヘルスアプリケーション向けパワーマネージメントIC 

セキュリティ

ウェアラブルおよびモバイル医療システムで収集、伝送される機密性の高い個人データは、増加の一途をたどるセキュリティ侵害から保護する必要があります。マキシムのエンベデッドセキュリティテクノロジーは、タンパー、クローン、偽造などの悪意ある攻撃からの保護を実現します。

DS28E15 DeepCoverセキュア認証用IC
DS28E22 DeepCoverセキュア認証用IC
DS28E25 DeepCoverセキュア認証用IC
DS28C22 DeepCoverセキュアメモリ
DS28E35 DeepCover暗号コントローラ


注目製品


MAX30205の評価システム

MAX30205EVKIT

体温センサーのMAX30205を評価するシステム、USB-I2CコントローラおよびGUI内蔵

詳細はこちら ›

体温センサー

MAX30205

センサーは、正確に温度を測定し、過熱アラーム/割込み/シャットダウン信号を出力します。

セキュアメモリ、I2C SHA-256および3KbユーザーEEPROM内蔵

DS28C22

セキュアメモリは、暗号強度の高い、双方向のセキュアなチャレンジ&レスポンス認証を備えています。

超低電力、シングルチャネル集積型生体電位AFE

MAX30003

セキュア認証用ICは、出荷時にプログラムされた固有の64ビットROM識別番号を備えています。

高感度パルスオキシメーターおよび心拍数センサー

MAX30101

センサーは、LED、フォトディテクタ、光学素子、および環境光除去を備えた低ノイズ電子回路を内蔵しています。

セキュア認証用IC、1-Wire SHA-256および512ビットユーザーEEPROM内蔵

DS28E15

セキュア認証用ICは、出荷時にプログラムされた固有の64ビットROM識別番号を備えています。


ソリューション


マキシムのヘルスケアソリューションについて、対象アプリケーション、注目製品、技術リソースなどをご覧ください。

リソース



ウェルネスウォッチ:ウェアラブルウェルネスプラットフォームの例(日本語字幕)
2:25 min
November 2014



Fit 2シャツ:ウェアラブルウェルネスプラットフォームの例(日本語字幕)
2:08 min
November 2014



体温測定:ウェアラブルNFCでの送受信
2:00 min
November 2014



パルス酸素濃度測定:アクティブなライフスタイルを実現するウェアラブル酸素モニタ
2:06 min
November 2014



心拍数モニタのデモ
25:30 min
August 2016



超低電力リアルタイムクロックを設定する方法、パートI - MAX32630マイクロコントローラを使用
3:45 min
November 2017



MAX-ECG-MONITORウェアラブルECGおよび心拍数モニタのご紹介
5:17 min
June 2018



MAX-HEALTH-BAND心拍数およびアクティビティモニタのご紹介
7:58 min
June 2018



MAX86141によるリストバンドヘルスモニタリングのデモ
4:55 min
November 2017



MAX30001による生体電位およびBioZの高精度測定(日本語字幕)
3:52 min
November 2017



ヘルスケア・フィットネス用途のウェアラブル機器向け製品の紹介動画
7:31 min
August 2018



Health Sensor Platform 2.0 (MAXREFDES101)のご紹介
2:45 min
September 2018



Introduction to the MAX14745 and MAX20335 PMICs with Ultra Low IQ Voltage Regulators and Battery Charger for Small Lithium Ion Systems
9:32 min
August 2018



Introduction to the MAX20327 12V Capable, Low-RON, Beyond-the-Rails DPDT Analog Switches
2:36 min
September 2018



Introduction to the MAX20330A Precision HV Capable ID Detector
2:50 min
August 2018



光パルスオキシメーターおよび心拍数センサーのMAX86140の紹介
12:25 min
September 2017



Introduction to the MAX17262 5.2µA 1-Cell Fuel Gauge with ModelGauge m5 EZ and Internal Current Sensing
7:42 min
August 2018