診断および治療


診断および治療アプリケーション用のヘルスケア製品は、しばしばセンサー、モーター、ポンプ、およびアクチュエータを組み込んでいます。信頼性、精度、確度、およびコストは、この市場での重要な設計上の考慮事項です。マキシムは、これらの製品内のセンサーおよびアクチュエータの駆動と制御のための広範なアナログおよびパワーICを提供しています。



アプリケーション


液体流量監視

医療アプリケーションの液体監視は、通常は2つまたはそれ以上の圧力センサートランスデューサを使用して実行され、圧力の測定値を監視および比較してチューブ内に液体の流れがあるかどうかを決定します。医療アプリケーションでは、医療用チューブ内の圧力のわずかな変化を検出するために「閉塞センサー」と呼ばれる専用のトランスデューサが使用されます。

オペアンプ 
高精度ADC 

電源およびバッテリ

多くの医療アプリケーション(特にリモートセンサーやアクチュエータとの通信を維持するアプリケーション)では、過渡、電磁干渉(EMI)、およびグランド電位差の影響を緩和するために、絶縁された電源領域も必要です。

バッテリチャージャ 
バッテリ残量ゲージ 
バッテリスイッチ 
ステップアップスイッチングレギュレータ 
ステップダウンスイッチングレギュレータ 
低ドロップアウトリニアレギュレータ(LDO) 
絶縁型電源 

ポンプ/モーターの制御/監視

多くの医療アプリケーションでは、液体のポンピングに使用される電気モーターを高精度で制御する必要があります。蠕動およびシリンジポンプ機構は、重要な血液循環路および治療液注入アプリケーションに使用されます。これらのポンプは、通常はシステムの制御下でステッパモーターやBLDCモーターによって駆動されます。

持続的気道陽圧法(CPAP)装置は、約30krpmで回転する電気ブロワーを使用して正の圧力を作ります。モーターは急速に速度を変化させる必要があるため、巻き線を監視して過熱を防ぐ必要があります。

DCモータードライバ 
ハーフブリッジMOSFETドライバ 
電流検出アンプ 

圧力/温度検出

ほとんどの診断および治療用医療機器は、圧力と温度を検出する能力が必要とされます。測定すべき圧力と温度の範囲は、通常は産業アプリケーションに比べて狭いため、10~12ビットのデータコンバータを採用したシグナルチェーンで十分です。しかし、これらのアプリケーションでも精度は依然として非常に重要です。

温度センサー 
オペアンプ 
高精度ADC 


注目製品


4.5~60V、5A、高効率ステップダウンコンバータ

MAX17506

ハイサイドMOSFET内蔵、出力0.9V~0.9 × VIN、TQFNパッケージ(5mm × 5mm)

高速、ハーフブリッジMOSFETドライバ

MAX5064

125Vハーフブリッジ、nチャネルMOSFETドライバ、高電圧アプリケーションでハイ/ローサイドMOSFETを駆動。

12ビットおよび10ビットマルチチャネル低電力、高速、SAR ADC

MAX11135

業界最先端の1.5MHz、完全リニア帯域幅、低電力、シリアル出力、およびSampleSetチャネルシーケンスを備えた12/10/8ビット500ksps SAR ADCファミリです。

スタンドアロンOCVベース残量ゲージ

DS2786B

このICは、緩和期後のオープン回路状態のセル電圧に基づき、充電式リチウムイオン(Li+)およびリチウムイオンポリマーバッテリの残容量を推計します。


ソリューション


マキシムの診断および治療ソリューションは、標準的な診断および治療設計の例およびブロック図を含む、ヘルスケア製品の設計に関する追加の情報を提供します。

輸液ポンプ
持続的気道陽圧法
パルス酸素濃度計
透析装置
血糖値計
血液ガスアナライザ

リソース