堅牢な接続性

接続インタフェースおよびワイヤレス通信IC

堅牢なコネクティビティデバイスには、トランシーバIC、Beyond-the-Railsスイッチ/マルチプレクサ、ワイヤレス通信ICがあり、最も過酷な環境での接続に対して業界最高レベルの保護を提供します。RS-485コネクティビティ技術の先駆者として、当社の堅牢なデバイスのポートフォリオは広範なアプリケーションに対応します。

一般的な用途:

  • 資産管理
  • 通信フィールドバスモジュール
  • タイヤ空気圧監視システム(TPMS)



堅牢なコネクティビティアプリケーション


資産管理

通信フィールドバスモジュール

タイヤ空気圧監視システム(TPMS)


堅牢なコネクティビティソリューション


RS-485/RS-422トランシーバ

堅牢なRS-485/RS-422トランシーバは、産業制御、計測、照明システム、およびPROFIBUSアプリケーションを対象としています。マキシムのRS-485トランシーバは、業界標準パッケージと小型省スペースパッケージの両方で提供されます。これらの製品は卓越した高ESDおよびフォルト保護によって堅牢性とフィールドでの稼働時間を増大させ、高速データレート(10Mbps以上)によって大多数のアプリケーションに対応します。

RS-485トランシーバ

RS-232トランシーバ

マキシムは業界で初めてチャージポンプとインバータを集積して単一電源動作を実現し、電源の要件を簡素化しました。ESD保護RS-232トランシーバは、保護回路の内蔵によって基板スペースを節約するのみでなく、電流制限でトランスミッタの短絡を制御することができます。さらに、RS-232トランシーバは、トランスミッタおよびレシーバの両方をトランシーバICに悪影響を及ぼすことなく最大±70Vまで保護します。AutoShutdown Plus技術は、省電力アプリケーションの低シャットダウン電流の実現に役立ちます。

RS-232トランシーバ

CANトランシーバ

コントローラエリアネットワーク(CAN)は、2線式、ハーフデュプレックス、高速シリアルネットワークで、システムマイクロコントローラに負荷をかけずに、通常はネットワークノード間の通信を提供するために使用されます。CANトランシーバは、産業、通信、および計測アプリケーションで、CANプロトコルコントローラとCANバスラインの物理的ワイヤの間のインタフェースを行います。

CANトランシーバは多数の堅牢機能を提供し、エンド機器の長期的信頼性を向上させます。ローカル電源への不測の短絡に耐えるために役立つよう、マキシムは業界最高のフォルト保護を備えたCANH/CANLデータラインを提供しています。内蔵の高ESD回路は偶発的なストライクからの保護を提供し、電気的に過酷な環境でのノード間の通信を可能にします。また、絶縁型CANトランシーバファミリは業界標準パッケージで高耐圧、高フォルト保護、および高ESDを提供します。

CANトランシーバ

Beyond-the-Railsスイッチ/マルチプレクサ

Beyond-the-Rails (BTR)スイッチ/マルチプレクサデバイスは、標準的な3V~5.5V電源を使用しますが、レールの上下±25Vという広範囲の入力信号を許容します。設計者は高電圧信号と低電圧信号の両方を切り替えるために複数のスイッチ/マルチプレクサを使用する必要がありません。Beyond-the-Rails技術は、電源要件およびシステム設計の簡素化に役立ちます。マキシムのマルチプレクサおよびスイッチは柔軟かつ堅牢で、汎用システム信号ルーティングおよび産業用アナログフロントエンドに最適です。特定のアプリケーションには、ポイントオブセール(POS)コネクタ共有、産業用アナログ入力、ハンドヘルド計測器、ATE、およびオーディオ/データ切り替えなどがあります。

Beyond-the-Railsスイッチ/マルチプレクサ

ワイヤレス

高集積ワイヤレスおよびRF ICは、拡張IoT、スマート技術、および通信市場用の接続用ビルディングブロックです。コネクテッドデバイスは現代生活の焦点になっており、高性能ソリューションは重要なワイヤレス、モバイル、車載、およびケーブル設計に対応します。マキシムの広範なポートフォリオは、パワーアンプ、RFトランシーバ、RFレシーバ、RFトランスミッタ、ローノイズアンプ(LNA)および広範なRFミキサなどの高性能ビルディングブロックICでこれらの市場に対応します。

ワイヤレス


堅牢なコネクティビティのデザインリソース


ビデオ