光通信ネットワークは、光ファイバケーブルとレーザLEDを使用して、ワイドエリアネットワークや、より小規模で大容量のキャンパスネットワークやデータセンターの通信ネットワーク用に、高速のデータ通信チャネルを実現します。

光ケーブルへのインタフェースには、固有の物理層ドライバ/レシーバ、そして信号変換を管理する専用のコントローラが必要です。マキシムは独自のSiGe BiCMOSプロセスにより、光ネットワーキング用のレーザドライバ、コントローラ、トランスインピーダンスアンプ(TIA)、リミティングアンプ、およびタイミング回路を包括的に提供しています。



アプリケーション


光トランシーバ

マキシムは、レーザドライバ、トランスインピーダンスアンプ、リミティングアンプ、クロックおよびデータリカバリ(CDR)回路、シリアライザ、デシリアライザなど、あらゆる光アプリケーション用に最適化された物理メディアICを提供しています。マキシムの光モジュールICは、イーサネット、SONET/SDH、SFF/SFP、SFP+、QSFP+の各規格をサポートしています。マキシムは、PON (EPON、GPON、GEPON)ソリューションの極めて包括的な製品ラインを提供しています。

光モジュールアプリケーション用の光トランシーバ


注目製品


11.32Gbpsトランシーバ、デュアルCDR、デジタルモニタ、およびDC結合レーザドライバ内蔵

MAX3955

デュアルCDRおよびデジタル診断監視(DDM)機能を内蔵した、この11.3Gbps、高集積、低電力トランシーバは、次世代のSONET伝送システム向けに設計されています。

低電力トランスインピーダンスアンプ、10GBASE-SRアプリケーション用

MAX3797

このデバイスは、自動利得制御(AGC)アーキテクチャを採用した低電力トランスインピーダンスアンプであり、最大10.3125Gbpsのデータレートの光伝送システム用に、PINダイオードとともに使用するように設計されています。

SFF/SFPレーザドライバ、消光比制御付き

MAX3738

このレーザドライバは、データレートが1Gbps~4.25Gbpsのマルチレートトランシーバモジュール用に設計されています。部品数を削減し、マルチレート動作を容易にするために、レーザをMAX3738にDC結合することができます。

光マイクロコントローラ

DS4830A

この独特なペリフェラルセットを備えた16ビットマイクロコントローラは、多数のアナログ信号の高分解能変換とそれらの信号のデジタル信号処理(DSP)、外付けホストとの高速データ通信、および超低消費電力を必要とする光アプリケーションに対応しています。


ソリューション


マキシムの光通信ソリューションでは、標準設計の例やブロック図を含む、受動光ネットワーク(PON)インフラストラクチャ製品の設計に関する追加情報を提供しています。

受動光ネットワーク(PON)

PON光ネットワーク終端(ONT) RFビデオオーバーレイ PON光回線終端(OLT)ラインカード

PON光ネットワーク端末(ONT)

電源マルチプレクサ バッテリマネージメント POLスイッチング電源 リニアレギュレータ パワーPMIC パワーマネージメント 温度管理 DC-DCブーストコンバータ シリコン発振器 光PMD ビデオTIA USBスイッチ イーサネットPHY RFアンプ ゲイン制御 Wi-Fi® RF + AFE RS-232インタフェース LNA

PON光回線端末(OLT)ラインカード

POL電源 パワーマネージメント 温度管理 インタフェース リアルタイムクロック キースイッチコントローラ SHA-1セキュリティ DDR電源 レベルトランスレータ ホットスワップ シグナルインテグリティ 高精度タイミング シリコン発振器 クロスポイントスイッチ SerDes/CDR/CPA 光PMD

リソース