先進運転支援システム(ADAS)


先進運転支援システムは、駐車支援、車線位置判定、衝突回避など、運転処理のさまざまな面を自動化し、自動車の安全な走行を強化します。多くのADASシステムは、ビデオ、レーダー、およびソナー監視を使用して警告および警報機能を提供します。より先進的なシステムは、今ではビデオ処理アルゴリズムを採用し、複数のビデオカメラを使用して、さらに高精度のイベント検出および運転者への警報を提供します。

Choosing the Right Automotive ICs for Next-Generation Vehicles

ADASアプリケーションの電源要件のバランスを取る

 デザインガイド:先進運転支援システム(ADAS)



アプリケーション


ADASのブロック図をクリックしてお客様の設計に最適な推奨デバイスをご覧ください。

LDO LDO LDO LDO ステップダウンDC-DC ステップダウンDC-DC ステップダウンDC-DC 監視回路 監視回路 CAN CAN カメラシリアライザ カメラインテグレータ 負荷スイッチ ディスプレイシリアライザ 発振器 PMIC メモリ電源 LVステップダウンDC-DC V/I保護 HVステップダウンDC-DC Temp Sense

ソリューション


高速ビデオリンク

ADASシステムは、通常は複数のビデオカメラを自動車全体に分散して配備します。カメラ信号をADASコンソールに接続するために、低コストで高速の通信リンクが必要です。マキシムの3GビットGMSLシリアライザ/デシリアライザ(SerDes)技術は、低コストのソリューションでありながら必要な帯域幅を提供します。マキシムのSerDes ICは、STP/同軸メディアおよびHDCPコピー保護に対応します。

GMSL Serdesについて ›

1.6Gbps GMSLシリアライザIC 
3.12Gbps GMSLシリアライザIC 
3.12Gbps GMSLデシリアライザIC 

電源

次世代の自動車で、カメラ、センサー、マイクロプロセッサ、その他のADASアプリケーションの基盤となる部品の普及拡大が続く中で、電源を高精度で管理する必要性がより重要になっています。マキシムの車載グレードのレギュレータ、PMIC、およびプロテクタは、電力の需要と電力の制約とのバランスを取りながら、セーフティ機能において重要な役割を果たすEMIおよび小型ソリューションサイズの要件に対応します。

カメラベースシステム用電源について ›


注目製品


36V、600mAミニバックコンバータ、3.5μAのIQ

MAX20075

ハイサイドおよびローサイドスイッチを内蔵した同期整流バックで、3.5V~36Vの入力から最大0.6Aを供給し、無負荷時の自己消費電流はわずか3.5μAです。

詳細はこちら ›

デュアル/クワッドカメラ電源プロテクタ

MAX20087

ASILグレードのプロテクタで、4つの各出力チャネルに最大600mAの負荷電流を供給し、ハイサイド電流制限およびI2C診断機能を備えています。

詳細はこちら ›

2.2MHz、500mAデュアルステップダウンコンバータ、車載カメラ用

MAX20019

超小型、3.5V~17V入力、デュアルレギュレータで、ハイサイドおよびローサイドMOSFETおよび500mVのイネーブルヒステリシスを内蔵しています。

詳細はこちら ›

3.12Gbps GMSLデシリアライザ

MAX9288/MAX9290

3.12Gbps GMSLデシリアライザ、同軸またはSTP入力およびMIPI CSI-2出力用

3.12Gbps GMSLシリアライザ

MAX9291/MAX9293

同軸ケーブルの使用を可能にして、車載インフォテイメントの配線の重量およびコストを削減します。

小型、16ビット、1.6Gbps GMSLシリアライザ

MAX96705

ADAS用のビデオおよび制御データのクロスポイントスイッチおよびCRC保護を内蔵しています。

小型、14ビット、1.6Gbps GMSLシリアライザ

MAX96711

ADAS用のビデオおよび制御データのライン障害検出およびCRC保護を内蔵しています。

リソース