電気/電子用語および定義:E

0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
E 参照:Volt
E1 主として欧州で使用されている、2.048Mbpsの速度でデータを伝送する、広域のデジタル伝送方式。E1回線は通信事業者から私用としてリースすることができる。
E2 8.448Mbpsのデータ速度で4つの多重E1信号を運ぶ回線。
E3 主として欧州で使用されている、34.368Mbpsの速度でデータを伝送する、広域のデジタル伝送方式。E3回線は通信事業者から私用としてリースすることができる。
EAM Electro-Absorption Modulators (電界吸収型変調器):レーザと共にハイブリッド中継器デバイスに組み込まれることが多いチップレベルの変調デバイス。
ECB Electrically Controlled Birefringence (電気制御複屈折)。
ECL Emitter-Coupled Logic (エミッタ結合ロジック)。
ECM Electret Capacitor Microphone (エレクトレットコンデンサマイクロフォン、ECMマイク)。
EconoReset マイクロプロセッサ監視回路の最もシンプルな形式で、マイクロプロセッサ用電源を監視し、パワーオンリセット機能のみを備える。
EconOscillator マキシムの、低コスト、表面実装、CMOS発振器ファミリ。EconOscillatorは水晶ベースの発振器の代わりとなる。EconOscillatorは、外付け水晶やタイミングコンポーネントが不要。

詳しい説明および特長についてはEconOscillatorの製品インデックスを参照されたい。

EconOscillatorはMaxim Integratedの商標です。

EDFA Erbium-Doped Fiber-Optical Amplifier (エルビウム添加光ファイバアンプ)。
EDGE Enhanced Data Rates for GSM Evolution (GSM進化型高速データレート):GSMネットワークのネットワーク容量およびデータレートを増加させるために設計された高度変調技術。EDGEは最高384Kbpsのデータレートを提供する。
EEPROM Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory (電気的消去可能プログラマブルROM)。
Effective Number Of Bits 参照:ENOB
Effective Series Inductance 参照:ESL
Effective Series Resistance 参照:ESR
EFT Electrical Fast Transient (電気的高速トランジェント)。
EIA Electronic Industries Alliance (アメリカ電子機械工業会):とりわけ、EIAは電気および電子標準を後援する。
EIA-422 参照:RS-422/RS-485
EIA-485 参照:RS-422/RS-485
EIA-JEDEC Electronic Industries Association/Joint Electron Device Engineering Council (アメリカ電子機械工業会/電子素子技術連合評議会)。
EIA232 参照:RS-232
Electric Vehicle Service Equipment 参照:EVSE
Electro-Absorption Modulator 参照:EAM
Electromagnetic Interference 参照:EMI
Electromotive Force 参照:Volt
Electronic Digital Rheostat 参照:Dallastat
Electronic Industries Alliance 参照:EIA
Electrostatic Discharge 参照:ESD
Embedded System エンベデッドシステム:システムの一部としてコンピュータ(通常マイクロコントローラまたはマイクロプロセッサ)を内蔵したシステム。

コンピュータは、明確なアプリケーション、ファイル、またはオペレーティングシステムがなければ比較的ユーザには見えないことが多い。見えないエンベデッドシステム付き製品の例としては電子レンジを動かすコントローラや最新の自動車のエンジン制御システムがある。

EMC Electromagnetic Compatibility (電磁環境適合性):電子機器の、「付近に存在するよい電磁」機器である特性。(適用可能な規格の範囲内で)電磁干渉を引き起こさず、影響も受けない。
EMF 参照:Volt
EMI Electromagnetic Interference (電磁干渉):電磁放射による不要のノイズ。
End Point エンドポイント:温度または電圧限界におけるデバイスの振る舞い。
ENDEC Encoder/Decoder (エンコーダ/デコーダ)。
Energy Harvesting エナジーハーベスティング(環境発電):エナジーハーベスティング(パワーハーべスティングまたはエナジースカベンジングともいう)は、システムの環境からエネルギーを収集し、それを有用な電力に変換するプロセスのこと。エナジーハーベスティングによって、従来の電力源がないところで電子機器を、電力配線やバッテリ交換のための頻繁な訪問をする必要なく動作させることが可能。

エナジーハーベスティングシステムは、一般的に、エネルギーストレージセルを充電し、電源を管理し、レギュレーションと保護を提供する回路を内蔵している。

エネルギー源例としては、光(光起電セルが捉える)、振動や圧力(圧電素子が捉える)、温度差(サーモ電気ジェネレータが捉える)、無線エネルギー(アンテナが捉える)、および生物化学的に生成されるエネルギー(血糖からエネルギーを採取するセルなど)などがある。

詳細:アプリケーションノート5259 「Energy Harvesting Systems Power the Powerless

Energy Scavenging 参照:Energy Harvesting
Enhanced Data Rates For GSM Evolution 参照:EDGE
ENOB Effective Number of Bits (有効ビット数):アナログ-デジタルコンバータ(ADC)の品質特性を示す。その計測値は、テスト周波数と信号対ノイズ比に関係する。
EP 参照:Exposed Pad
EPON Ethernet (-based) Passive Optical Network (イーサネット(をベースとした)受動光ネットワーク)。
EPROM Erasable Programmable Read-Only Memory (消去可能プログラマブルROM)。
Equivalent Series Inductance 参照:ESL
Equivalent Series Resistance 参照:ESR
ERC Extinction Ratio Control (消光比制御)。
Error Vector Magnitude 参照:EVM
ESBGA Enhanced Super Ball-Grid Array (Amkor/Anamの商標)
ESD Electrostatic Discharge (静電放電):蓄積された静電気の放電。通常、起こりやすいのは帯電した人体が電子機器に接触する際に生じる損傷をもたらす可能性のある数千ボルトの放電。

ESDがどのように発生し、それがどのように電子システムに損傷を与えるか、人体およびマシーンモデルESD試験、IEC準拠レベル、および設計上の取り組みについて説明した下記アプリケーションノートを参照してください。

ESD Protected 参照:ESD Protection
ESD Protection ESD保護:ICの入力および出力端子に追加されるデバイスで、静電放電による損傷の影響が無いように内部回路を保護する。

参照:ESDの概要

ESF Extended Superframe (拡張スーパーフレーム):24 DS0時間ロットおよびコード化されたフレーミングビットが、スーパーフレームを形成するために24回繰り返されるフレームに構成されるDS1フレーミング形式。
ESL Effective/Equivalent Series Inductance (有効/等価直列インダクタンス):コンデンサや抵抗器が持つ寄生インダクタンス。
ESP Extended Stack Pointer (拡張スタックポインタ)。
ESR Effective/Equivalent Series Resistance (等価直列抵抗):コンデンサの等価回路の抵抗成分。

コンデンサは、抵抗器およびインダクタと直列に接続した理想的なコンデンサとしてモデル化することができる。その抵抗器の値がESRである。

Ethernet イーサネット:非同期フレームに基づいたネットワークプロトコルの一種。イーサネットフレーム構造は、基本アドレス指定およびエラー検出の仕組みを備えたフレキシブルなペイロードコンテナを提供する。
Euroconnector 参照:SCART
EV 1. 電気自動車

2. 評価(Evaluation)、例:EVキット

EV Kit 参照:Evaluation Kit
Eval Kit 参照:Evaluation Kit
Evaluation Kit 評価キット(EVキット、開発キット):評価および開発のための動作回路をつくる回路およびサポート部品を内蔵したプリント回路ボード。大部分の評価キットは完全実装および試験済みで提供される。

EVKIT:マキシムの評価キットに使用される型番サフィックス。

マキシムの子会社であるダラスセミコンダクタでは、「development kit (開発キット)」という言葉を使っていた。

マキシムの評価キットのリストおよびEVキットソフトウェアを参照。

Evaluation System 参照:EVSYS
EVKIT 参照:Evaluation Kit
EVM Error Vector Magnitude (エラーベクターマグニチュード):(理想)波形と計測波形の違いの測度。この違いをエラーベクターと呼び、通常、QPSKのようなM-ary I/Q変調方式に関して言われ、復調されたシンボルがI-Qコンスタレーションプロット上に表示される。参照:「Phase Noise and TD-SCDMA UE Receiver」 (English only) https://www.maximintegrated.com/jp/an1824
EVSE EVSEは、Electric Vehicle Service Equipmentの略。充電ステーションのこと。

参照:アプリケーションノート5348 「G3-PLC Technology Finally Makes Charging an Electric Vehicle Smart」

EVSYS Evaluation System (評価システム):PCやウィンドウズベースのEVキットソフトウェアに接続するためのインタフェースボードを含む評価キット。

EVSYS:マキシム評価システムの型番に使用されるサフィックス。

Exposed Pad エクスポーズドパッド:放熱を改善するため、一部のパッケージが備えている。通常、電気的に絶縁されておらず、電気的接続状態に応じて、グランドプレーンまたはパワープレーンに接続する必要がある。
Exposed Paddle 参照:Exposed Pad
Extended Superframe 参照:ESF