電気/電子用語の定義:Orthogonal Frequency Division Multiplexing

電気/電子用語:Orthogonal Frequency Division Multiplexing 

定義

Orthogonal Frequency Division Multiplexing (直交周波数分割多重):有効帯域幅を分割してトーンと呼ばれる一連の周波数にする多重信号方式。Flarion (フラリオン)では5GHzチャネルを使い各チャネルは400の分離トーン(それぞれわずかに異なる周波数)に分割される。1つのトーンのピークが別のトーンのナル(ゼロ)に一致する場合は、直交トーンは互いに干渉しない。すべての周波数は弱まるが、この高速でスイッチングする周波数ホッピング技術は、より信頼性の高いデータサービスを可能にするためのものである。
同義語
  • OFDM

アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ