電気/電子用語の定義:OLED vs WLED

電気/電子用語:OLED vs WLED 

定義

OLED

OLED技術は、標準的なLEDで使用される半導体材料(シリコン、インジウムなど)の代わりに有機(炭素ベース)材料を使用する。OLEDディスプレイの各ピクセルは赤、緑、および青のダイオードで構成され(図1)、それぞれ電圧が印加されると発光する。各ダイオードは異なる組み合わせおよび異なる輝度でのスイッチオン/オフによってピクセルを照らすことが可能で、さらにそれらのピクセルの組み合わせによってスクリーン上に画像を生成する。

OLEDとWLEDの違いは何か?

WLED (白色発光ダイオード)は、通常はテレビや携帯電話のLCDディスプレイに関連する用語である。WLEDは何らかの形で標準的なLEDとは「異なる」または「より優れた」ものとして販売されているが、WLEDおよびLED技術は同一であり半導体材料を使用する。生成された白色光はLCDディスプレイ用の「バックライト」として使用され、青色(またUV) LEDに電界を印加し、異なる色の材料(たとえば黄色蛍光体)を介して放射光をフィルタ処理することによって生成する。光とフィルタの組み合わせによって、(ほぼ)白色の光が生成される。LCDディスプレイの中で、この光は次に多数の液晶のアレイを使用して偏光され、それらが可変電界の影響下で動作してスクリーン上に画像を生成する。

OLED/WLEDの相対的な長所と短所は何か?

OLED技術の主な特長は、LCD技術を使用して作られる(WLEDバックライトを備えた)ディスプレイよりも、ディスプレイの大幅な薄型化(最大10分の1)が可能であること。もう1つの重要な特長は、OLEDディスプレイはバックライトが不要のため、消費電力が少ないこと。これはバッテリの充電頻度が少なくなることを意味するため、バッテリ駆動のディスプレイ(スマートフォンなど)にとって非常に重要である。しかし、OLEDディスプレイには耐水性が劣ることや経年による発色の低下などの欠点もある。

oledディスプレイのrbgダイオード

図1. OLEDディスプレイのRGBダイオード

参照:LEDドライバIC

WLED

WLEDは、通常はテレビや携帯電話のLCDディスプレイに関連する用語である。WLEDは何らかの形で標準的なLEDとは「異なる」または「より優れた」ものとして販売されているが、WLED、およびLED技術は同一で、半導体材料を使用する。生成された白色光はLCDディスプレイ用の「バックライト」として使用され、青色(またはUV) LEDに電界を印加し、異なる色の材料(たとえば黄色蛍光体)を介して放射光をフィルタ処理することによって生成する。光とフィルタの組み合わせによって、白色(またはほぼ白色)の光が生成される。LCDディスプレイの中で、この光は次に多数の液晶のアレイを使用して偏光され、それらが可変電界の影響下で動作してスクリーン上に画像を生成する。

WLEDとOLEDの違いは何か?

OLED (有機発光ダイオード)技術は、標準的なLEDで使用される半導体材料(シリコンやインジウムなど)の代わりに、有機(炭素ベース)材料を使用する。OLEDディスプレイの各ピクセルは、赤、緑、および青のダイオードで構成され、それぞれ電圧が印加されると発光する。各ダイオードの異なる組み合わせおよび異なる輝度でのスイッチオン/オフによってスクリーン上に画像を生成することができる。

OLED/WLEDの相対的な長所と短所は何か?

OLED技術の主な特長は、LCD技術を使用して作られる(WLEDバックライトを備えた)ディスプレイよりも、ディスプレイの大幅な薄型化(最大10分の1)が可能であること。もう1つの重要な特長は、OLEDディスプレイはバックライトが不要のため、消費電力が少ないこと。これはバッテリの充電頻度が少なくなることを意味するため、バッテリ駆動のディスプレイ(スマートフォンなど)にとって非常に重要である。しかし、OLEDディスプレイには耐水性が劣ることや経年による発色の低下などの欠点もある。


アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ