電気/電子用語の定義:Mixed-signal

電気/電子用語:Mixed-signal 

定義

ミックスドシグナルICは、1つのチップにアナログ回路とデジタル回路の両方を含む集積回路である。アナログ信号は時間によって変化する連続的な信号で、デジタル信号は有限個の値のみを取る非連続的な信号である。ミックスドシグナルICは、この両方のタイプの信号を利用する。ミックスドシグナルICは、多様なアプリケーションおよび特定用途向け集積回路(ASIC)で使用される。

アナログ信号

1つの例は、アナログ回路設計のビルディングブロックであるオペアンプで、これは高利得アンプである。オペアンプは連続的な信号を受け取り、もう1つの(より高い値の)連続的な信号を出力する。また、オペアンプを使ってコンパレータを作ることも可能で、これは2つの入力電圧を比較してどちらが大きいかを示すバイナリ信号を出力する回路である。コンパレータの出力はデジタルのため、これはミックスドシグナル回路の例である。

デジタル信号

アナログ信号が連続的であるのに対して、デジタル信号は離散的、すなわち有限個の値のみを取る。1つの例は方形波で、信号は値の間を階段状に(理想的には即座に)行き来する。もう1つの例はバイナリ信号で、2つの可能な値(0/1またはオン/オフなど)を取り、AND/NANDゲートなどのロジックゲートやDフリップフロップで使用される。

ADCとDAC

ミックスドシグナルICの最も明白な2つの例は、アナログ-デジタルコンバータ(ADC)とデジタル-アナログコンバータ(DAC)である。これらはアナログをデジタルに、またはデジタルをアナログに変換するため、両方の回路を含む必要がある。


アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ