電気/電子用語の定義:Logarithmic Taper

電気/電子用語:Logarithmic Taper 

定義

テーパ:ポテンショメータにおいてテーパはポテンショメータの電機子が回転する際に(あるいは、スライドポテンショメータではワイパがスライドする際、DS1802のようなソリッドステートポテンショメータでは入力電圧が変化する際)抵抗がどう変化するかを示すもの。

リニアテーパ付きのポテンショメータでは、ワイパが動くと抵抗がリニアに変化する。

対数(ログ)テーパ付きのポテンショメータでは、抵抗はワイパの動きとともに対数的に変化する。アンプ回路で使用された際、ポテンショメータがローエンドで動作すると出力はゆっくりと変化し、ポテンショメータがハイエンドに向かって動作すると出力はより高速に変化する。

これは、オーディオボリューム制御によく使用されるのでオーディオテーパとも呼ばれる。耳は対数的に反応する(信号の二重化はそれぞれボリュームにおける同等ステップとして解釈される)。耳は低ボリュームで変化に対しより敏感である一方、オーディオボリューム制御はより低設定においてゆっくりと信号を変化させ、高設定においてより高速に変化させる。純効果としてはポテンショメータの範囲ではサウンドがよりスムーズに変化する印象を与える。

受け取られるボリュームは主観的であり正確ではないので、真の対数ポテンショメータの代わりに概算値が使用される場合がある:アプリケーションノートAN 3996AN 838 (English only)、AN 1828 (English only)を参照。

同義語
  • Audio Taper
  • Taper
  • Log Pot
  • Logarithmic Potentiometer
  • Logarithmic Pot
  • Linear Taper

アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ