電気/電子用語の定義:Energy Scavenging

電気/電子用語:Energy Scavenging 

定義

エナジーハーベスティング(環境発電):エナジーハーベスティング(パワーハーべスティングまたはエナジースカベンジングともいう)は、システムの環境からエネルギーを収集し、それを有用な電力に変換するプロセスのこと。エナジーハーベスティングによって、従来の電力源がないところで電子機器を、電力配線やバッテリ交換のための頻繁な訪問をする必要なく動作させることが可能。

エナジーハーベスティングシステムは、一般的に、エネルギーストレージセルを充電し、電源を管理し、レギュレーションと保護を提供する回路を内蔵している。

エネルギー源例としては、光(光起電セルが捉える)、振動や圧力(圧電素子が捉える)、温度差(サーモ電気ジェネレータが捉える)、無線エネルギー(アンテナが捉える)、および生物化学的に生成されるエネルギー(血糖からエネルギーを採取するセルなど)などがある。

詳細:アプリケーションノート5259 「Energy Harvesting Systems Power the Powerless

同義語
  • Energy Harvesting
  • Power Harvesting
キーワード

エナジー, エネルギー, ResourceSmart, ハーベスティング, スカベンジング
関連製品
  • MAX17710 - エナジーハーベスティングチャージャおよびプロテクタ
参照
アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ