電気/電子用語の定義:Difference Amplifier

電気/電子用語:Difference Amplifier 

定義

差分アンプは、2つの入力を受け、それらの間の差を出力する回路である。これは差動アンプの中で利得が1の特別な場合である。電圧減算器とも呼ばれる。

差分アンプは何をするか?

差分アンプはその入力間の差を出力する。

Vout=V2-V1

理想的な差分または差動アンプでは、出力は2つの入力の間の差のみによって決まる。現実の差動アンプでは、出力は2つの入力の平均にも依存し、それはアンプのコモンモードと呼ばれる。

Vcm=(V2+V1)/2

コモンモード除去比(CMRR)は、デバイスがこの信号を除去する能力の尺度である。差動アンプはアナログ回路設計で非常に一般的に使用されるが、不要なノイズを除去する能力が高いため、電子的にノイズの多い環境で特に有益である。

差分アンプと差動アンプの違いは何か?

「差分アンプ」という用語は、差動アンプの一種で利得が1のものを示すために使用される。そのため、ユニティゲイン差動アンプとも呼ばれる。差動アンプは出力が入力間の差に比例し、差分アンプは出力が入力間の差に等しい。また、この2つの用語はしばしば同じ意味で使用されることもある。

差分アンプと計測アンプの違いは何か?

差分アンプと計測アンプは、どちらも差動アンプ回路の一種である。計測アンプは入力バッファアンプを備えたタイプの差動アンプで、インピーダンスマッチングが不要である。利得はわずか1つの抵抗の変化を介して調整することができる。計測アンプはICとしても提供され、非常に高いCMRRを提供する。

参照: アンプ


アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ