電気/電子用語の定義:Bridge-Tied Load

電気/電子用語:Bridge-Tied Load 

定義

ブリッジ接続負荷:オーディオアプリケーションに使用され、この負荷(この場合は、スピーカ)は、2個のオーディオアンプ出力間に接続される(負荷がこの2個の出力端子を「ブリッジ」する)。

これによって、グランドに接続されたスピーカに比べ、スピーカでの電圧振幅を2倍にすることが可能。グランド接続されたスピーカは、ゼロ電圧からアンプの電源電圧までの振幅を持つことが可能であるが、BTL接続のスピーカはこの2倍の振幅とすることができる。それはアンプがスピーカの+端子または-端子のどちらかを駆動し、実質的に電圧スイングを2倍にすることができるためである。

2倍の電圧は4倍の電力を意味するため、バッテリサイズを大きくすることができない低電源電圧のアプリケーションでは、特にこれは主要な改善となる。例:自動車または携帯用アプリケーション

同義語
  • Bridge Tied Load
  • BTL
  • Bridged Tied Load

アルファベット順の用語検索:
0-9ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ