チュートリアル 4786

MAX9635環境光センサー用のインタフェースコードの実装

筆者: Prashanth Holenarsipur

要約: このアプリケーションノートでは、ポータブル機器(スマートフォンやタブレットなど)のLCDバックライト管理のためのMAX9635環境光センサーにおける割込み出力機能の正しい使用法について説明します。この割込み機能を使えば、複数の照明ゾーンに対して光のスレッショルド値を調整することができるため、光センサーに繰り返しポーリングする必要がなくなります。この機能を正しく使用すると、システムを低電力スリープモードに保持することが可能で、またユーザーが定義したその他のタスクに他のリソースを割り当てることができます。割込み機能によってエネルギー効率、システム性能、およびさまざまな照明条件下でのユーザー体験が大幅に向上されます。このアプリケーションノートでは、割込みをプログラミングするためのI²CのC擬似コードの例も示しています。