チュートリアル 4704

産業機器設計における製造公差補正のための電子較正と方法の序論


要約: このアプリケーションノートは、トリム、調整、および較正回路の適正な設計によりどのようにシステム公差の補正を可能にしているか、そして産業機器をより安全、高精度、そして低価格にしているかを論じます。対処した較正の方法として、部品公差の補償、最終試験での較正を使用、パワーオンセルフテストと連続的/定期的な較正によって信頼性の向上、高精度な自動調整、機械式トリミングを電子化された部品に置換え、およびディジタル較正に高精度な電圧リファレンスの活用があります。