チュートリアル 4034

計測アンプに3つのオペアンプは多すぎる


要約: 高ゲインや高CMRRが要求される高精度アプリケーションでは、長い間、3個のオペアンプによる計測アンプが業界標準でした。しかし、最近のアプリケーションに多い単一電源での動作において、このアンプは重大な限界があります。このアーティクルでは、従来、使われてきたオペアンプ3個構成のアーキテクチャによる計測アンプの問題点を解説し、単一電源動作の計測アンプにおいて大きなメリットを持つ、マキシムの間接電流フィードバックアーキテクチャを紹介します。詳細な分析とともに、その証拠となる実験波形も紹介します。