チュートリアル 2866

Sパラメータを50Ωから75Ωのインピーダンスに変換する方法


要約: ケーブルテレビの集積回路は通常、75Ωの入力と出力のインピーダンスでインタフェース接続されるように設計されていますが、大部分のRFテスト機器は50Ωのインピーダンスです。ほとんどの場合、テストのために、最小損失パッドを使用して入力と出力のインピーダンスを75Ωから50Ωに変換し、またその逆を実行します。これは便利ですが、Sパラメータを測定する際は最小損失パッドを避けるべきです。この測定をするには、ケーブルデバイスの入力と出力のインピーダンスを50Ωとみなしてテストを実行し、このアプリケーションノートに記載した方程式とExcel表計算を使用して50Ωの参照Sパラメータを75Ωに変換し直すという簡単な方法があります。

はじめに

ケーブルテレビの集積回路は通常、75Ωの入力と出力のインピーダンスでインタフェース接続されるように設計されていますが、大部分のRFテスト機器は50Ωのインピーダンスを使用しています。ほとんどの場合、最小損失パッドを使用して入力と出力のインピーダンスを75Ωから50Ωに変換し、またその逆を実行します。これは便利ですが、Sパラメータの測定の際には最小損失パッドを避けるべきです。

このアプリケーションノートでは、ケーブルデバイスの入力と出力のインピーダンスを50Ωとみなしてテストを実行し、数学的な変換を行うことによってSパラメータ測定を実行するという簡単な方法について説明します。50Ωの参照Sパラメータを75Ωに変換し直すための方程式と便利なExcel表計算を記載しています。

Sパラメータからインピーダンスへの変換

50Ωの参照Sパラメータを75Ωに変換するには、まず式1から始めます。Sパラメータと入力インピーダンスはどちらも複素数で(R + jX)となります。ここで、Rは実数成分、Xは虚数成分を表します。ZOは通常、実数インピーダンスです。簡単にするため、このアプリケーションノートでは全体を通して、入力リターンロス (S11) を対象とします。

Equation 1.

式1を並び替えると、入力インピーダンス (ZIN) についての式2が求まります。

Equation 2.

S11にR + jXを代入します。

Equation 3.

式3の分母にその共役複素数を乗算し、実数と虚数成分を分離します。

Equation 4 and 5.

式6は入力インピーダンスの実数成分です。

Equation 6.

式7は入力インピーダンスの虚数成分です。

Equation 7.

インピーダンスからSパラメータへの変換

複素数の入力インピーダンスが得られたら、式1を再度使用してインピーダンスを元の75Ωの参照Sパラメータに変換します。

式8は、ZIN がR + jXに置き換わっているだけで、他は式1と同じです。

Equation 8.

式8の分母にその共役複素数を乗算し、実数と虚数成分を分離します。

Equation 9 and 10.

式11は入力リターンロス(S11)の実数成分です。

Equation 11.

式12は入力リターンロス(S11)の虚数成分です。

Equation 12.



Equation 13.

Excel表計算

表1は、50ΩのSパラメータデータをすばやく75Ωに変換することのできるExcel表計算を示しています。

Figure 1.
Excel表計算として表をダウンロード(XLS、16kB)


次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 2866:
チュートリアル 2866,AN2866, AN 2866, APP2866, Appnote2866, Appnote 2866