チュートリアル 1926

システムの信頼性を高めるウォッチドッグの正しい選び方


要約: コード実効エラーを監視し最小限に抑えるためにウォッチドッグタイマが使われます。内部ウォッチドッグタイマはコード実行問題になりやすく、システムのロックアップを回避する上で外部ウォッチドッグ回路が有益なものとなります。

このドキュメントは異なるタイプのアプリケーション用のウォッチドッグ/監視回路製品の正確な時間を選択する手助けとなり、ソフトウェアコードなしで回路を適用する方法について説明します。