アプリケーションノート 990

可変出力付のAPDバイアス


要約: このデザインノートでは、アバランシェフォトダイオード検出器(APD)の役割とAPDバイアス発生の重要性について説明しています。30V~70V範囲で安定化、コンピュータ調整された出力を生成するAPDバイアスジェネレータを示します。ステップアップDC-DCコントローラのMAX1771が使用されています。

同様のアイデアが「EDN」の1997年5月22日号に掲載されました。

アバラシェフォトダイオードディテクタ(APD)は、ピンダイオードと同じく光通信のレシーバとして使用されます。APDの方が高感度ですが、与えられた光子流に対して適切な電子流を得るには、適正なバイアスを必要とします。図1の外部ディジタルアナログコンバータは、APDバイアス発生器のコンピュータ制御による動的調節を可能にします。

図1. このAPDバイアス発生器は30V~70Vの範囲の安定化、コンピュータ調節出力を生成します。
図1. このAPDバイアス発生器は30V~70Vの範囲の安定化、コンピュータ調節出力を生成します。

バイアス電圧VOUTを発生するために、ブーストコンバータ(IC1、L1およびQ1)がダイオードコンデンサチャージポンプ(D3/C4、D2/C3およびD1/C5)を駆動します。IC1は外部制御電圧VDACで設定されたセットポイントを基準としてVOUTのレギュレーションを行います。VDACが2V~0Vの間で変化する間に、VOUTは28V~約71Vまで変化します(図2)。

70Vで出力電流が0.5mAの場合、リップル制限は通常0.5V (max) (0.7%)です。図示の回路は1mAにおけるリップルが0.3%以下となっており、最大出力電流は約3mAです。出力コンデンサ(C5)は、低ESRタイプにしてください。

図2. 図1のDC出力レベルは制御電圧VDACの一次関数です。
図2. 図1のDC出力レベルは制御電圧VDACの一次関数です。
次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 990:
アプリケーションノート 990,AN990, AN 990, APP990, Appnote990, Appnote 990