アプリケーションノート 957

GPSフロントエンド用にMAX2681 SiGeダウンコンバータミキサをチューニング


要約: このアプリケーションノートでは、1575MHzのGPS動作用にMAX2681ミキサICをチューニングしたときの部品の値と測定性能を示します。また、評価キットの回路図を示しています。変換利得は10.5dBであり、入力3次インターセプトは-0.8dBmです。

追加情報: MAX2681は、低電圧で低電流動作用として設計された小型で低コスト、かつ低ノイズのダウンコンバータミキサであり、ポータブル通信機器に最適なものです。MAX2681は、400MHz~2500MHzの無線周波数(RF)入力で使用することで、10MHz~500MHz間の中間周波数(IF)にダウンコンバートできます。全地球測位システム(GPS)レシーバ用のRF入力は1575MHzです。70MHzのIFと局部発振器(LO)のハイサイド挿入(fLO = 1645MHz)を想定した場合、MAX2681は、+10.5dBの利得を達成し、9.6dBのノイズ指数と-0.8dBmの入力3次インターセプトポイント(IIP3)を示しています。また+3.0V電源から8.8mAの電流を消費します。部品の値と回路図については、図1を参照してください。

900MHz、1950MHz、2450MHzでのMAX2681のアプリケーション、あるいはデバイスの詳細については、MAX2680/MAX2681/MAX2682のデータシートを参照してください。より高入力のIP3性能については、アプリケーションノート890 「シリコンゲルマニウム(SiGe)ダウンコンバータをGPSレシーバ用にチューニング」を参照してください。

図1. MAX2681 EVキット回路図
図1. MAX2681 EVキット回路図

表1. MAX2681のGPS性
VCC = +3.0V、fRF1 = 1575MHz、fRF2 = 1576MHz、fLO = 1645MHz、PLO = -5dBm、fIF = 70MHz
Parameter
Measure Performance
Conversion Gain
+10.5dB
Noise Figure
9.6dB
Input Third-Order Intercept Point
-0.8dBm
RF Input Return Loss
-19.3dB
Supply Current
8.8mA

:PCBの損失は考慮していません。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 957:
アプリケーションノート 957,AN957, AN 957, APP957, Appnote957, Appnote 957