アプリケーションノート 625

MAX3800でギガビット銅ケーブルリンクをイコライズ


要約: 短距離高速シリアルデータリンクの通信システム間インターコネクトの需要が増大しています。従来、20ftを超えるシャーシエクステンションまたはラック間の接続はほとんどの場合銅ケーブルに依存し、レートは1Gbps以下でした。銅ケーブルを使って2.5Gbpsで動作するリンクもありますが、その場合の長さは10ft以下です。その他の2.5Gbpsリンクは50ft以上の場合、すべて光伝送に頼っています。適応型ケーブルイコライザMAX3800を用いると、低コストの銅ケーブルを使用しても最大3.2Gbpsで100ftに及びます。MAX3800は銅ケーブルを補正するために設計されましたが、回路基板伝送ラインも補正することができます。本稿ではMAX3800を各種ケーブルおよび一般的なFR4プリント基板材料サンプルと使用した場合の性能について簡単に説明します。