アプリケーションノート 5129

トランスインピーダンスアンプの安定化

筆者: Akshay Bhat

要約: 多くの回路や機器では電圧入力しか受け入れないため、フォトダイオードなどのセンサーの電流出力を電圧信号に変換するためにトランスインピーダンスアンプ(TIA)が広く使用されています。出力から反転入力へのフィードバック抵抗を備えたオペアンプは、そうしたTIAの最も簡単な実装です。しかし、この単純なTIA回路でも、ノイズ利得、オフセット電圧、帯域幅、安定性の兼ね合いを慎重に考慮する必要があります。信頼性の高い優れた性能を実現する上で、TIAの安定性が不可欠であることは明らかです。このアプリケーションノートでは、安定性評価のための経験的計算について説明し、最適なフィードバック位相補償コンデンサを選択する方法を示します。