アプリケーションノート 4911

Reducing Bias Noise in PHY1075 Applications


要約: The Phyworks PHY1075, a combined laser driver/limiting amplifier with digital diagnostics, can have noise on the laser bias output in common anode configuration. The noise is in the form of a 100Hz repetitive glitch, at an approximately 2.5mA magnitude. This application note details the noise measurements taken and suggests various methods to reduce bias noise in an edge-emitting laser application.


この文書は極めて特定的なアプリケーションに向けて書かれたものであり、独自技術に関する情報を含んでいるため、その開示は該当アプリケーションに直接関わっているお客様のみに限定させていただいております。この文書を請求される方は以下のフォームに必要事項を記入してください。適当と判断された場合は2営業日以内にご連絡いたします。

以下の情報はすべて英語で記入してください。