アプリケーションノート 480

バッテリ逆接続保護を提供する回路

追加情報: バッテリ駆動機器に共通する問題は、エンドユーザがバッテリを逆に挿入した時の損傷の危険性です(エンジニアは、もちろんこんなことはしません)。ダイオード1個を挿入するかダイオードブリッジ構成を使えば損傷を避けることができますが、この解決法ではバッテリと電源レイル間に(1個または2個分の)ダイオード電圧降下が加わることにより、電力を浪費させ電源電圧を減らします。もう一つのソリューションは、バッテリ逆接続の損傷に対して保護を提供するだけではなく、自動的に逆接続を補正します(下図を参照)。ディスクリートダイオードによる電圧降下をなくすために、低オン抵抗DPDT (双極/双投)スイッチが全波整流器となります。図に示すように、バッテリが正しい極性で挿入されると、上側のスイッチS1は制御ピンがロー状態であるためノーマリクローズ状態になります。その結果生じるピン2からピン10への接続は、バッテリからVCC端子への低インピーダンス経路を提供します。逆に、下側のスイッチS2は、制御ピンがハイ状態であるためにノーマリオープン端子(図示せず)をクローズします。その結果生じるピン7からピン6への経路はバッテリの負端子をグランドに接続します。

IC1のESD保護ダイオードはスタートアップを保証し全波整流器として動作します。バッテリ電圧が1Vを超えると、アナログスイッチ内のMOSFETがオンになります。この20ns以下のターンオン時間により回路は逆極性バッテリ接続のリードを迅速に交換することで通常動作を維持することができます。回路抵抗はバッテリ電圧に依存します。回路が4つのNiCd、NiMH、またはアルカリ電池で動作する場合、整流器の各側の抵抗は2.5Ω (合計5Ω)です。2セル電池(2.4V~3V)で動作している場合は全抵抗が10Ωとなります。IC1の動作定格は最大5.5Vで連続電流が30mAであるため、この回路はコードレス電話、ポータブルオーディオ機器、ハンドヘルド電子機器、その他の小~中電流アプリケーションに適しています。IC1の超小型10ピンµMAXパッケージは4つのスルーホール信号ダイオードよりも小さな面積に収まり、2つのSOT-23デュアル信号ダイオードと殆ど同じくらい小型です。

図1. この回路はバッテリ極性を検出し、その後直接負荷を接続するか、バッテリリードを交差させ極性を入れ換えて接続します。
図1. この回路はバッテリ極性を検出し、その後直接負荷を接続するか、バッテリリードを交差させ極性を入れ換えて接続します。

このアーティクルの同様のバージョンが「EDN」の2000年12月21日号に掲載されました。
次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 480:
アプリケーションノート 480,AN480, AN 480, APP480, Appnote480, Appnote 480