アプリケーションノート 4455

コンパクトな超音波画像処理装置における連続波ドップラー(CWD)設計の課題

筆者: John Scampini

要約: 最近、高集積/低電力のバイポーラアンプと連続波ドップラー(CWD)用ミキサ/ビームフォーマチップが進化を遂げたことによって、次世代のコンパクトな超音波画像処理装置でハイエンドのCWD性能が実現可能になりました。

このアーティクルはマキシムの「エンジニアリングジャーナルvol. 66」(PDF、3.07MB)にも掲載されています。

「EEPW」の2009年2月号にも、同様のアプリケーションノートが中国語で掲載されています。