アプリケーションノート 4222

DS1863、DS1865、DS1875:コンパクトレーザドライバMAX3736とインタフェースする方法


要約: このアプリケーションノートではPONコントローラ/モニタ回路のDS1863、DS1865、またはDS1875 PONをコンパクトレーザドライバとインタフェースする方法について述べます。MAX3736はこのアプリケーションで使用されるSFPレーザドライバです。これらのコントローラはSFF-8472準拠のディジタル診断、レーザ較正、レーザ制御、およびパワーレベル調整機能を提供します。

コントローラ

DS1863DS1865、およびDS1875コントローラはレーザドライバの制御に2つの出力を使用します。BIASとMODです。BIASはフルスケール範囲が1.2mAの13ビット電流DACです。MOD出力はフルスケール範囲が1.25Vの8ビット電圧DACです。

コンパクトレーザドライバ

MAX3736レーザドライバはレーザ制御用に2つの入力を備えています。BIASSETとMODSETです。両方の入力はレーザドライバの最大出力範囲を利用するために1.2mAのフルスケール範囲の電流シンクコントローラに接続してください。

コントローラとレーザドライバ間のインタフェース

コントローラのBIAS出力はレーザドライバのBIASSET入力に対して適正な範囲の電圧を提供します。MOD出力は電圧モードであるため、レーザドライバにインタフェースするように適合させなければなりません(図1)。

電圧電流変換

電圧DAC出力のMODから1.2mAフルスケール出力を生成するためにオペアンプとNPNトランジスタを使用します。MOD出力の範囲は0V~1.25Vです。NPNトランジスタは1.2Vに維持されるMODSET端子から電流をシンクする必要があります。R1はNPNトランジスタのエミッタの電圧を0.3V未満に維持するよう選択され、このことにより、NPNトランジスタがフルスケール電流で飽和しないことが保証されます。NPNトランジスタによってシンクされる最大フルスケール電流は次の式で設定されます:IMAX = R2 × 1.25V/(R1 × (R3 + R2))

図1. コントローラとレーザドライバとのインタフェース。
図1. コントローラとレーザドライバとのインタフェース。

部品の選択

このアプリケーションは特別な部品を必要としません。汎用のオペアンプとNPNトランジスタを使用することができます。最小で最も安価な部品で充分にこのアプリケーションに役立ちます。マキシムのLMX321AXK-Tオペアンプは2.1mm x 2.0mm SC70-5パッケージで使用可能です。NPNトランジスタは2N3904または2N2222などでで充分です。

結論

DS1863、DS1865、またはDS1875のPONコントローラ/モニタをコンパクトレーザドライバにインタフェースするために小さく、単純で、安価な回路を使用することができます。このインタフェース回路は占有面積9mm²以内で、実現することができます。