アプリケーションノート 3887

MAX3643:低コストのマイクロコントローラでレーザドライバMAX3643を使用


要約: 小型バーストモードのレーザドライバMAX3643は、PON (受動光ネットワーク)アプリケーション用に設計されたものです。APON、BPON、GPON、GEPON、およびEPONなど多くのタイプのPONネットワークが開発中です。このアプリケーションノートに関する限り、これらのPONの各タイプについて詳細を知る必要はありません。ただし、これらのタイプのすべてが、ONTで必要なレーザドライバに共通したいくつかの特性を共用しているということには留意する必要があります。一部の顧客にとっては、MAX3643を使用することで、より低コストのシステムを実現することができる可能性があります。これは、顧客が、利用可能な既存のマイクロコントローラの機能(物理層コントローラすなわちMAC層コントローラで利用可能)をレーザ電流の調整に使用することができるようになるからです。ドライバとコントローラの全体コストは、レーザドライバからレーザコントローラ回路を取り除くことによって(これは通常、最大限の高速パフォーマンスを達成するため、高速BiPOLARまたはBiCMOSプロセス上で行われます)、また低コストのCMOSマイクロコントローラに制御を移すことで削減することができます。このアプリケーションノートでは、低コストのマイクロコントローラまたは入手可能なシステムコントローラに搭載可能なディジタルレーザ制御に共通した手法をいくつか説明します。また、例と試験データを提示してこの方法の標準的な性能についても示しています。