アプリケーションノート 3790

HFDN-39.0:ピーキング部品を追加したMAX3967Aを使用して低速LEDの速度性能を改善


要約: このアプリケーションノートでは、LEDのアイ品質とエッジ速度を大幅に改善する単純なシャントピーキング手法について説明します。長波のLEDの使用は、コストが最重要なパラメータとなる、低データレートで低電力のアプリケーションにとって特に魅力的です。MAX3967Aは、最大270Mbpsのデータレートで動作する光ファイバトランスミッタ用のプログラマブルLEDドライバです。この回路には、プログラマブル温度係数(tempco)付きの高速電流ドライバ、LEDのプリバイアス電圧の調整、およびディセーブル機能が組み込まれています。回路はPECLデータ入力に対応し、+2.97V~+5.5Vの単一電源で動作します。SFP LEDドライバは、最大100mAを標準的な高速発光ダイオードに流すことができます。変調電流は単一の外付け抵抗器でプログラムされます。デバイスの変調電流は、温度が上昇するにつれて、2500ppm/°C~12,000ppm/°Cにプログラム可能なtempcoによって増大します。大きな変調電流の機能によって、MAX3967は、駆動と引き換えに応答時間を改善するための優れた候補となります。