アプリケーションノート 3766

HFTA-12.0:高速双方向シリアル通信モジュールでのクロストークペナルティの測定


要約: 今日の高度なシリアル通信モジュールでは、電磁クロストークが重要な問題を引き起こします。主な悪影響は、クロストークノイズが存在する状況でのレシーバ感度の低下です。スループット向上のためのデータレートの増大、ポート密度向上のためのモジュールの小型化、および電力消費の低減のための電源レイルの低下につれて、クロストークペナルティの軽減はますます困難になっています。この記事では、「送信信号と受信信号の間の位相差」に対する「レシーバのビットエラーレート(BER)」を観測することによって、クロストークペナルティを定量化する方法を探ります。また、この記事では、3種類の通信モジュールの例で実際にクロストークを測定した結果も示しています。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
Download ダウンロード、PDFフォーマット
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3766:
アプリケーションノート 3766,AN3766, AN 3766, APP3766, Appnote3766, Appnote 3766