アプリケーションノート 370

Using RCLK in a BITS/SSU Application


要約: This application note discusses how one can use the recovered clock from a T1 or E1 span in a Building Integrated Timing Supply (BITS) or a Synchronization Supply Unit (SSU) application.

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
Download ダウンロード、PDFフォーマット
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 370:
アプリケーションノート 370,AN370, AN 370, APP370, Appnote370, Appnote 370