アプリケーションノート 3556

マイクロコントローラを使用せずにマキシムのLIUを設定


要約: このアプリケーションノートでは、ほとんどの場合に複雑となるマイクロコントローラの外付け回路を追加せずに、マキシムのラインインタフェースユニット(LIU)を設定する方法について説明します。

LIUの設定

一部のマキシムのラインインタフェースユニット(LIU)は、マイクロコントローラがなくても設定することが可能です。これらの独特なLIUには、従来のパラレルポートの他に特別なシリアルインタフェース(SPI)が備わっています。LIUをSPIスレーブモードにするためには、特定のLIUピンを浮いたままにして、VCCにプルアップするか接地します。特定のピン配置については、LIUのデータシートを参照してください。
LIUがシリアルモードになれば、PROMを使用して、設定に必要な特定のデータをLIUに提供することができます。PROMのデータが規定の方法でフォーマットされている場合、PROMはマスターモードのSPIインタフェースを備えたコントローラのように動作します。
このタイプの設定に通常使用されるPROMは、内部にアドレスアキュムレータを備えています。PROMがこのアキュムレータ機構を備えていることは重要です。PROMは設定メモリ内の次の利用可能アドレスに自動的にジャンプする必要があるからです。ここでは、オートインクリメントアドレス機能付きのバイト幅不揮発性メモリを備えたザイリンクス社製XC18V00デバイスファミリをお勧めします。これらのデバイスは、1Mb、2Mb、および4Mbの密度で提供されています。
図1は、SPIバスの一般的なタイミング関係を示します。このケースでは、すべてのデータは、SCLKの立上りエッジに同期してスレーブデバイスに入力されます。この機能は一部のデバイスで設定可能です。詳細については、デバイスのデータシートをご確認ください。
図1. 書込みアクセスの場合のシリアルポートの動作
図1. 書込みアクセスの場合のシリアルポートの動作
図2は、ザイリンクス社製XC18V00デバイスとマキシムのLIU (SPIモード)の略図です。次の2つの重要な点に留意してください。
  1. ザイリンクス社製XC18V00のCLKはLIUのMCLKになることができますが、CLKはSPIインタフェースのSCLKではありません。SCLKは必要に応じてプログラムすることができます。メモリマップの例については、表1を参照してください。
  2. ザイリンクス社製XC18V00のOEがハイになったときにLIUのプログラミングが開始されます。したがって、アプリケーションで遅延が必要かどうかを考慮しなければなりません。一般には、OEピンをパワーアップデバイスに接続すれば十分です。
図2. SPI-LIU間の接続図
図2. SPI-LIU間の接続図
表1. メモリ設定
D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
Address CSB SCLK SDI X X X X
0x00 1 0 0 Start of Write Cycle
0x01 0 0 0 Bit A0 (Always a "0" for a write)
0x02 0 1 0
0x03 0 0 1 Bit A1
0x04 0 1 1
0x05 0 0 0 Bit A2
0x06 0 1 0
0x07 0 0 0 Bit A3
0x08 0 1 0
0x09 0 0 0 Bit A4
0x0A 0 1 0
0x0B 0 0 0 Bit A5
0x0C 0 1 0
0x0D 0 0 0 Bit A6
0x0E 0 1 0
0x0F 0 0 0 Bit A7
0x10 0 1 0
0x11 0 0 0 Bit D0 (LSB)
0x12 0 1 0
0x13 0 0 1 Bit D1
0x14 0 1 1
0x15 0 0 1 Bit D2
0x16 0 1 1
0x17 0 0 0 Bit D3
0x18 0 1 0
0x19 0 0 0 Bit D4
0x1A 0 1 0
0x1B 0 0 1 Bit D5
0x1C 0 1 1
0x1D 0 0 1 Bit D6
0x1E 0 1 1
0x1F 0 0 0 Bit D7
0x20 0 1 0
0x21 1 0 X End of Write Cycle
0x22 1 X X

他の動作用にLIUを設定

スイッチを用いてザイリンクス社製XC18V00デバイスのD5、D6、およびD7ピンをLIUのSDIピンに接続することによって、さまざまなループバック設定を行うことができます。
図3. ループバックを可能にするSPI接続図
図3. ループバックを可能にするSPI接続図

結論

マキシムのラインインタフェースユニット(LIU)は、マイクロコントローラがなくても、ザイリンクス社製XC18V00デバイスファミリなどの設定可能PROMを使用することによって、さまざまなモードの動作を実現することができます。LIUの変更はお客様のニーズに基づいて行うようにしてください。
マキシムのテレコム製品に関するご質問は、テレコム製品アプリケーションサポートチームまでお問い合わせください。