アプリケーションノート 3520

低コスト、30MHz、トリプルチャネルHDTVの再生フィルタ

筆者: Marvin Li

要約: このアプリケーションノートでは、MAX4382トリプルアンプを使用して、デュアル電源電圧で、低コスト、トリプルチャネル、3極のローパスSallen-Keyフィルタを構築する方法について説明します。この回路によって30MHz帯域幅のバターワース応答が得られ、HDTVアプリケーションのビデオ再生フィルタリングに理想的です。また、MAX4382は、デュアル電源構成と同等のフィルタ性能を備えた、単一電源の入力バイアスネットワークの一部としても紹介しています。

HDTVアプリケーションでは、RGBおよびコンポーネントビデオ(Y、Pb、およびPr)信号の再生にローパスフィルタが使用されています。ローパスフィルタは、高周波の信号レプリカを除去するためビデオDACの後に配置され、さらにアンチエイリアシングのためビデオADCの前にも配置されています。MAX4382の高速でトリプルチャネルのアンプを使用すると、HDTVアプリケーションに理想的なローパスフィルタを構築することができます。

図1は、MAX4382を実装した1チャネルでデュアル電源の構成を示しています。これは、3極のSallen-Keyバターワースローパスフィルタであり、ここで、電流DACがビデオ信号を生成し、抵抗器(RL)が振幅を設定します。MAX4382とRL、R1、R2、C1、およびC2によって、利得が2の2極Sallen-Keyローパスフィルタを形成しています。出力端の駆動負荷(75Ω)およびRTとCpによって実際の極が設定されます。図1の回路では、-3dB帯域幅はおよそ30MHzです(図2)。減衰量は44.25MHzで約14dB、74.25MHzで約28dBです。群遅延はおよそ6.5nsです(図3)。電流DACの負荷が75Ωでない場合、関係式R1 + RL = 150Ωを使用して、R1の値を設定してください。RLが150Ωより大きい場合は、C1、C2、R1、およびR2を調整する必要があります。

図1. 3極、Sallen-Key、バターワースローパスフィルタでのMAX4382
図1. 3極、Sallen-Key、バターワースローパスフィルタでのMAX4382

図2. 利得 対 回路の周波数
図2. 利得 対 回路の周波数

図3. 群遅延 対 回路の周波数
図3. 群遅延 対 回路の周波数

5Vの単一電源アプリケーションでは、ビデオ信号は通常0V~1Vになります。アンプの出力端でビデオ信号のクリッピングを防止するため、MAX4382の入力端でDCバイアスが必要となります。図4は、シングルチャネルの入力バイアスネットワークを示しています。R3、R4、および、C3がRLとともに追加され、入力端で150mVのDCバイアスを生成しています。アンプ出力端でのDCレベルは約300mVですが、これは出力段が線形で動作するのに十分な値です。R4とC3は電源ノイズの除去に役立ちます。フィルタの性能は、デュアル電源構成の場合と同じです。

図4. シングルチャネルの入力バイアスネットワークでのMAX4382
図4. シングルチャネルの入力バイアスネットワークでのMAX4382

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3520:
アプリケーションノート 3520,AN3520, AN 3520, APP3520, Appnote3520, Appnote 3520