アプリケーションノート 3510

DS1305 RTCと8051互換マイクロコントローラとのインタフェース接続


要約: このアプリケーションノートでは、DS1305リアルタイムクロックを8051互換マイクロコントローラDS2250にインタフェースする方法について説明します。Cで記述したサンプルコードで基本的なインタフェースルーチンを示しています。

DS1305のピン配置

概要

このアプリケーションノートでは、実例を用いて、DS1305シリアルアラームリアルタイムクロック(RTC)を8051互換マイクロコントローラにインタフェース接続する方法について説明し、基本的なインタフェースルーチンのサンプルコードを示しています。このサンプルで使用したマイクロコントローラはDS2250ソフトマイクロコントローラモジュールで、ソフトウェアはCで記述しています。このプログラムは、時刻と日付の設定と読み取り、RAMの書き込みと読み取り、およびアラームの設定と読み取りを実証しています。

動作

このインタフェースプログラムは、マイクロコントローラの3本の汎用ポート端子(GPIO)と3線式インタフェースを使用してDS1305リアルタイムクロックと通信します。また、追加のポート端子を使用して、DS1305のINT0割込み出力をモニタしています。

ソフトウェアを図1に示し、回路図を図2に示します。

zipファイルをダウンロードする
図1. インタフェースプログラムのリスト

図2. DS1305の回路図
大きな画像を見る

図2. DS1305の回路図