アプリケーションノート 3455

HFTA-11.0:NRZテストパターンのスペクトル


要約: ディジタル通信システムにおけるデータの送信では、NRZ (非ゼロ復帰)信号方式が広く使われています。多くのNRZテストパターンが作られ、システムのテストや検証で用いられています。これらのパターンは、通常、実データのシミュレーションや、システムのある側面を特に重視するために設計されます。あるシステムにとって、異なるテストパターンがどのような影響を持つかを理解するためには、テストパターンとテスト対象システム両方の周波数特性を理解するのが重要です。

このアーティクルでは、データレートやパターン長などNRZテストパターンの時間領域特性と周波数領域スペクトル成分との間にある関係をわかりやすく説明します。NRZテストパターンの概要からはじまり、パワースペクトルの計算方法、パワースペクトルのラボでの測定方法、そして、このような概念をどのように使えばシステムを理解できるのかまでを説明します。

同様のアーティクルが「EDN」誌の2004年9月2日号に掲載されました。