アプリケーションノート 3449

DS1302と8051タイプのマイクロコントローラとのインタフェース


要約: このアプリケーションノートは3線式インタフェースを用いてDS1302 RTCを8051タイプのマイクロコントローラとインタフェースする方法を説明しています。実例として回路図とC言語で書かれたソフトウェアが含まれています。

DS1302のピン配置
DS1302 Pin Assignment

説明

このアプリケーションノートはリアルタイムクロックのDS1302を8051タイプのコントローラにインタフェースする方法を示し基本的なインタフェースルーチンの実例コードを提供します。この例で使用したマイクロコントローラはDS2250で、ソフトウェアはC言語で書かれています。

動作

プログラムは3線式同期バスを制御するためにマイクロコントローラの汎用ポートを3個使用します。マイクロコントローラはDS1302にコマンドを送出してデータ転送を開始します。その後、マイクロコントローラはデータおよび/またはSCLKをDS1302に送信しますが、それはコマンドバイトに基づいて送信または受信となります。

図1にはそのソフトウェアが示されています。回路図は図2に示されています。

図1. プログラムリスト (ダウンロードZIPファイル)

Figure 2. Schematic of DS1302 RTC.
画面の拡大

図2. DS1302 RTCの回路図