アプリケーションノート 3386

MAXQ積和演算ユニット(MAC)を使った信号処理


要約: モジュラMAXQアーキテクチャでは、シングルサイクル16x16積和演算ユニット(MAC)が、制御プロセッサのシンプルな信号処理を容易にするために追加されます。このアーティクルでは、現実世界の問題を解決するために標準的なMAXQマイクロコントローラのMACモジュールをどのように使うことができるかのDTMF例を提供します。