アプリケーションノート 3386

MAXQ積和演算ユニット(MAC)を使った信号処理


要約: モジュラMAXQアーキテクチャでは、シングルサイクル16x16積和演算ユニット(MAC)が、制御プロセッサのシンプルな信号処理を容易にするために追加されます。このアーティクルでは、現実世界の問題を解決するために標準的なMAXQマイクロコントローラのMACモジュールをどのように使うことができるかのDTMF例を提供します。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
Download ダウンロード、PDFフォーマット
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3386:
アプリケーションノート 3386,AN3386, AN 3386, APP3386, Appnote3386, Appnote 3386